遊走腎(ゆうそうじん)

遊走腎は、正常な移動の範囲を超えて、腎臓が前後、左右に動いてしまうものをいいます。

遊走腎(ゆうそうじん)

遊走腎とは、腎臓は、腎臓に出入りする血管と周囲の筋肉だけで支えられている臓器です。したがって、健康な人でも立つと、寝ているときより5cmも下へ下がります。遊走腎は、こうした正常な移動の範囲を超えて、腎臓が前後、左右に動いてしまうものをいいます。

20~40歳代のやせて、ひ弱な体型の女性に多く見られ、なぜか右側の腎臓に多発します。

遊走腎の症状

遊走腎の症状については、多くは無症状ですが、疲れやすいとか腹部の漠然とした痛み、食欲不振や吐き気などの症状があらわれます。また血尿やたんぱく尿、頻尿などの尿異常もみられます。

遊走腎の原因

遊走腎の原因は、先天的に腎臓の周辺組織が発育不全だったり腎茎血管の伸長がある場合に起こります。また後天的なものとしては、腹筋がゆるんで腹圧が低下したり、やせた人の腎周囲脂肪が減少して起こるケースがあります。

遊走腎の合併症

遊走腎の合併症については、胃下垂など、ほかの内臓下垂を合併することが多いものです。

遊走腎の検査

腹部単純X線撮影でもある程度わかりますが、より確実に診断するには経静脈性腎盂[じんう]造影検査(IVP)で、臥位(横になった状態)と立位(立った姿勢)の2つについて撮影します。

遊走腎の治療

遊走腎の治療については、無症状のときは治療を必要としないケースが大半ですが、症状が強い場合は腹帯や固定ベルトによって腎臓の位置をある程度固定したり、疼痛がある場合は鎮痛薬を用います。

また耐えがたい腹痛が繰り返されたり、水腎症や腎盂腎炎などの合併症を起こすおそれのある場合は、手術をすることもあります。

患者はほとんどやせて筋力の弱い体格をしているので、太るような食事療法を行ないます。また、適度の運動で体力をつけるようにします。

遊走腎の関連記事・トピック

現在、遊走腎に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

遊走腎(ゆうそうじん)
遊走腎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防

家庭の医学辞典

このサイトを購読する

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録