野球ひじ(やきゅうひじ)

野球ひじとは、野球の投球動作によって生じるひじの障害です。

野球ひじ(やきゅうひじ)

野球ひじとは、野球の投球動作によって生じるひじの障害です。子どもの関節はまだ未完成で、大人に比べると弱いため、投球動作によって肘関節に過大な負担がかかって起こります。

野球ひじの症状

野球ひじの症状は、ひじに痛みを感じますが、痛み方はさまざまです。軽い場合は投球のときだけ痛む程度ですが、重くなると歯みがきなどのひじを使う動作ができなくなるほど激しく痛みます。ひじを伸ばせなくなることも、よくあります。はれはみられません。

野球ひじの原因

野球ひじの原因は、子どもの関節はまだ未完成で、関節軟骨は大人の形態を形づくっていません。また、関節端の近くには、骨端線という成長軟骨層があって、骨は成長しています。このように子どもの関節は大人にくらべると弱いものなのです。

野球の投球動作では、上体をそらせて肩をはり、ひじをほぼ直角に曲げるとともに外向きにそらす、外反位の強制がまず行なわれます。次に肩関節を使って上腕(肩からひじまでの部分)を勢いよく前方に回転させながらひじを伸ばします。この動作の長期にわたるくり返しによって、子どもの肘関節に過大な負担がかかります。カーブやシュートなどの変化球を投げるときには、前腕(手首からひじまでの部分)にひねりを加えなければならないため、肘関節にさらに大きな負担がかかります。

野球ひじの検査

野球ひじの検査は、整形外科で、ひじの外側や内側を指で押すと痛む部分があって、そこに最も強い病変があることが確認されます。X線検査では病変がわからないこともありますが、たいていは、上腕骨内側上顆核という部分の形が不整になっていたり、割れていたりする変化がみられます。ほかに、離断性骨軟骨炎の像が写ることもあります。これは、上腕骨の橈骨[とうこつ]小頭に相対する骨が、一部死んでしまって、その骨がはがれている状態です。

野球ひじの治療

野球ひじの治療は、ひじが痛みはじめたら、まず野球を中止します。X線検査の結果、変化がみられなかった場合は、痛みが消えれば野球を再開できます。しかし、X線に変化があらわれた場合は、少なくともその変化が改善するまでは野球はできません。

日常動作でひじが痛むときは、三角巾などを使って、ひじを直角に曲げた位置で固定します。離断性軟骨骨炎が起こったり、骨端線が離開している場合には、手術をしなければならないことがあります。

野球ひじの予防

野球ひじの予防は、野球ひじになる頻度が最も高いのは投手です。少年野球の規定(投球回数の制限、変化球の投球禁止など)を正しく守ることが大切です。

野球ひじの関連記事・トピック

現在、野球ひじに関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

薬剤性腸炎(やくざいせいちょうえん)
薬剤性腸炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
やせ症(やせしょう)
やせ症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
薬剤性肺炎(やくざいせいはいえん)
薬剤性肺炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
野球ひじ(やきゅうひじ)
野球ひじの症状、原因、検査、治療、合併症、予防
薬剤性肝障害(やくざいせいかんしょうがい)
薬剤性肝障害の症状、原因、検査、治療、合併症、予防

家庭の医学辞典

このサイトを購読する

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録