翼状片(よくじょうへん)

翼状片とは、鼻側の白目から黒目に向かって、次第に伸びていくのが特徴です。

翼状片(よくじょうへん)

翼状片とは、鼻側の結膜(白目)から角膜(黒目)に向かって、次第に伸びていくのが特徴です。翼状片は先端が角膜の方に向いた三角形の形をしています。ときには目が充血することがありますが、その他の自覚症状はあまりありません。

翼状片の症状

翼状片の症状は、鼻側の結膜から角膜に向かって白い組織が伸びます。ときにはこの組織が充血し、異物感を覚えますが、その他の自覚症状はありません。

翼状片の原因

翼状片の原因ははっきりしません。よく汗をかく人や戸外で働く人に多くみられ、風やゴミなどの影響からと考えられています。

翼状片の治療

翼状片の治療は、角膜の中心部まで白い組織が伸びると物が見えにくくなるので、その前に手術して切除します。

再発しやすいので、注意が必要です。

翼状片の関連記事・トピック

現在、翼状片に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

翼状片(よくじょうへん)
翼状片の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
羊水過多症(ようすいかたしょう)
羊水過多症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防

家庭の医学辞典

このサイトを購読する

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録