薬剤性腸炎(やくざいせいちょうえん)

薬剤性腸炎とは、薬剤が原因で起こる腸炎をいいます。

薬剤性腸炎(やくざいせいちょうえん):偽膜性大腸炎

薬剤性腸炎とは、薬剤が原因で起こる腸炎を薬剤性腸炎といい、薬剤が直接、大腸粘膜に障害を与える場合と、薬剤によって腸内の細菌が変化するために障害がもたらされる場合とがあります。

前者はまれですが、後者は抗生物質が原因で起こることが多く、抗生物質起因性腸炎とか抗生物質関連性腸炎などともよばれます。偽膜性大腸炎もそのひとつで、大腸粘膜に黄色から緑色の膜のような病変が付くのが特徴です。

薬剤性腸炎の症状

薬剤性腸炎の症状は、下痢、血便、腹痛、発熱などがみられます。その程度は、軽い下痢、腹部不快感、頻回の水様性の下痢、血が混じる下痢、強い腹痛まで、人によってさまざまです。

薬剤性腸炎の原因

薬剤性腸炎の原因は、薬剤性腸炎のなかで最も頻度が高いのが抗生物質によるもので、偽膜性大腸炎もリンコマイシン、クリンダマイシン、広域合成ペニシリン、セフェム系剤などの抗生物質が原因で起こります。

腸のなかにはもともと大腸菌などの常在菌がおり、人体に害を及ぼすことはありません。ところが、抗生物質の使用により常在菌が死滅すると、そのすきに別の細菌が入って住みついてしまう菌交代現象が起こります。偽膜性大腸炎の場合はクロストリディウム・ディフィチル菌が新しく住みつき、ほかの細菌がいなくなった腸の中で増殖して、その毒素がお年寄り、抵抗力や免疫力が低下した人などの大腸の粘膜に偽膜性の病変を起こします。原因となる抗生物質の使用をやめた直後や、ときには1か月以上もたってから起こることもあります。

これ以外に、ペニシリン系の抗生物質に対するアレルギーで大腸炎が起こるとも考えられています。

薬剤性腸炎の検査

薬剤性腸炎の検査は、抗生物質を使用したことがあって、急性腸炎の症状があればこの病気が疑われます。クロストリディウム菌またはその毒素の証明、内視鏡検査で偽膜性腸炎があることなどから確定されます。

薬剤性腸炎の治療

薬剤性腸炎の治療は、軽い場合は、原因となった抗生物質の使用を中止して様子をみます。重症の場合は点滴によって水分や電解質、栄養を補給して腸を休め、バンコマイシンなどが用いられます。

薬剤性腸炎の予防

薬剤性腸炎の予防は、安易に抗生物質を使用しないことです。また使用するさいは、医師の指示を守って正しく使いましょう。

薬剤性腸炎の関連記事・トピック

現在、薬剤性腸炎に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

薬剤性腸炎(やくざいせいちょうえん)
薬剤性腸炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
やせ症(やせしょう)
やせ症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
薬剤性肺炎(やくざいせいはいえん)
薬剤性肺炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
野球ひじ(やきゅうひじ)
野球ひじの症状、原因、検査、治療、合併症、予防
薬剤性肝障害(やくざいせいかんしょうがい)
薬剤性肝障害の症状、原因、検査、治療、合併症、予防

家庭の医学辞典

このサイトを購読する

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録