「た」の病気(病名)の最近のブログ記事

全身に汗をかく場合と、手のひらや足の裏、わきの下など局所に汗をかく場合とがあります。
機能の亢進や低下など甲状腺の働きに異常がない甲状腺のはれを、単純性甲状腺腫といいます。
胆管炎とは、細菌の胆管内への感染が原因で起こります。
多血症は、赤血球や赤血球内のヘモグロビンの量が、正常値より多くなる病気です。
大動脈狭窄症とは、大動脈の入り口の弁が狭く、左心室から大動脈へ血液がスムーズに送り出せなくなる病気です。
多発性硬化症は、髄鞘が何らかの異常な反応で壊れてしまう病気です。
大動脈縮窄症とは、大動脈の一部にくびれがあり、そこから先へ血液が流れにくくなる病気です。
染色体異常により、独特の顔つき、精神発達遅滞、内臓の形態異常などがみられる病気です。
消化管内に多量のたんぱく質がもれ、血漿たんぱくが低下する病気の総称です。
先天性の性染色体異常により、女の子に起こる病気です。