糖尿病性網膜症(とうにょうびょうせいもうまくしょう)

糖尿病性網膜症とは、糖尿病が原因となり眼底中心部に出血などが起こると、視力が低下します。

糖尿病性網膜症(とうにょうびょうせいもうまくしょう)

糖尿病性網膜症とは、糖尿病が原因となって網膜に、出血などのさまざまな病変が起こる病気で、糖尿病が長く続くと起こります。眼底中心部に出血などが起こると、視力が低下します。

糖尿病性網膜症の原因

糖尿病性網膜症の原因としては、糖尿病が原因となって網膜に病変が起こります。

糖尿病性網膜症の症状

糖尿病性網膜症の症状としては、初期時期には自覚症状はほとんどありません。病状が進んでいくと、網膜の黄斑部が侵されてくると、物がゆがんだりぼやけて見えたりします。

病状の進行がゆっくりのため、長年放置してしまう場合が多く、眼科医の検査ではじめて病気に気がつくことが多いようです。

ときには、眼底の大量出血で視力を失うこともあります

糖尿病性網膜症の検査

糖尿病性網膜症の検査としては、眼底検査を行ないます。初期ならば、網膜に小さな血管のこぶや点のように見える小さな出血があります。さらに進むと、白い斑点やむくみがあらわれます。新生血管の出現時は危険で、この血管は破れやすく、些細な刺激にも大出血を起こします。

糖尿病性網膜症の治療

糖尿病性網膜症の治療としうては、とにかく早期発見、早期治療が重要です。糖尿病と診断されたら、自覚症状がなくても眼底検査を受けることが必要です。

初期段階では糖尿病の治療が目の治療にもなりますが、ある程度進行している場合には、レーザー光線による光凝固療法を行ないます。 

糖尿病性網膜症の関連記事・トピック

現在、糖尿病性網膜症に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

糖尿病性網膜症(とうにょうびょうせいもうまくしょう)
糖尿病性網膜症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
糖尿病性腎症(とうにょうびょうせいじんしょう)
糖尿病性腎症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
糖尿病性神経障害(とうにょうびょうせいしんけいしょうがい)
糖尿病性神経障害の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
突発性発疹(とっぱつせいほっしん)
突発性発疹の症状、原因、検査、治療、合併症、予防