聴神経腫瘍(ちょうしんけいしゅよう)

聴神経腫瘍とは、前庭神経に発生する良性の腫瘍をいいます。

聴神経腫瘍(ちょうしんけいしゅよう)

聴神経腫瘍とは、聴神経、前庭神経は顔面神経とともに内耳道をとおって脳へと達しています。この内耳から脳の中枢へ向かう神経、主として前庭神経に発生する良性の腫瘍をいいます。ほとんどのケースは片側にのみみられ、女性の方が少し多く発症します。

聴神経腫瘍の症状

聴神経腫瘍の症状としては、腫瘍のある側に難聴や耳鳴りが生じます。徐々に起こるのが特徴ですが、急激にあらわれることは少ないようです。少しふらつく程度で、めまいが起こることはあまりありません。ままれに味覚の異常を訴えることがあります。

ただし、腫瘍が大きくなった場合は、めまいがあらわれるほか、頭痛や吐き気など脳腫瘍特有の症状を示すことがあります。

聴神経腫瘍の検査

聴神経腫瘍の検査は、画像検査(X線CTやMRI)、聴力検査、平衡機能検査に加え、脳波(聴性脳幹反応)の検査をすることがあります。これらの検査で聴神経腫瘍が疑われる場合、MRI検査を行なえば診断がつき、腫瘍の大きさもよくわかります。

聴神経腫瘍の治療

聴神経腫瘍の治療については、手術による腫瘍の摘出が一般的です。進行度によって手術の方法が決められ、小さいものは耳鼻科で、大きくなったら耳鼻科と脳外科との共同で手術が行なわれます。ときに、ガンマナイフによる放射線治療も行なわれますが、いずれにせよ、高度な治療が実施できる総合病院での受診が必要です。

腫瘍が小さいうちに手術をすれば、後遺症を残さずにすむこともあるので、早期発見・治療が大切です。

聴神経腫瘍の関連記事・トピック

現在、聴神経腫瘍に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

聴神経腫瘍(ちょうしんけいしゅよう)
聴神経腫瘍の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
腸結核(ちょうけっかく)
腸結核の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
中心性漿液性脈絡網膜症(ちゅうしんせいしょうえきせいみゃくらくもうまくしょう)
中心性漿液性脈絡網膜症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
腟炎(ちつえん)
腟炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防