多汗症(たかんしょう)

全身に汗をかく場合と、手のひらや足の裏、わきの下など局所に汗をかく場合とがあります。

多汗症(たかんしょう)

多汗症とは、汗の量が異常に多い場合をいいます。全身に汗をかく場合と、手のひらや足の裏、わきの下など局所に汗をかく場合とがあります。一般的には汗をかきやすい体質に、緊張などの精神的な影響が加わって起こり、とくに病気と考える必要はなく、多くは体質的なものだと考えられます。

ただし、中には内分泌異常や中枢神経系異常などの病気の場合もあります。

多汗症の症状

多汗症の症状としては、環境温度が高いときや、緊張や興奮によって、手のひらや足の裏、わきの下、鼻の頭、額など身体の一部分に汗をかきます。試験のときなど、解答用紙をぬらしてしまうほど汗をかくなどが代表的な例です。このような局所性多汗症の場合は、とくに病気として考える必要はありません。

全身性多汗症の場合も、基本的に体質によるものですが、中には全身性の病気が潜んでいることもありますので、発汗が著しい場合や体調がすぐれないときは、医師に相談したほうがよいでしょう。

多汗症の原因

多汗症の原因としては、手のひらや足の裏、わきの下など局所的に汗をかく局所性多汗症は、生まれつき汗をかきやすい体質のところに、緊張などの精神的影響が加わって、汗腺の活動が活発になり汗の分泌がふえます。手を使う仕事や神経を使う仕事、緊張しやすい人、生真面目な性格の人に多いようです。また、熱いものや辛いものを食べたときも起こります。

全身に多量の汗をかく全身性多汗症も、ほとんどの場合は体質によるものですが、環境温度が高いときのほかに、糖尿病、妊娠、更年期障害などによっても起こりることもあります。

多汗症の治療

多汗症の治療としては、全身性多汗症で、環境の温度が高い場合はそれを改善し、病気が原因となっている場合は、その治療が先決になります。

局所性多汗症は、気にせずにのんびり過ごすことがいちばんの治療になります。精神的に安定することで、かなり症状をおさえることができますから、緊張しないように気持ちをほぐして過ごすことです。制汗剤を使ったり、こまめに着替えをしたりするのも効果があります。精神安定剤の内服や神経ブロックなども行なわれますが、非常に効果的というわけではありません。

多汗症の関連記事・トピック

現在、多汗症に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

多汗症(たかんしょう)
多汗症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
単純性甲状腺腫(たんじゅんせいこうじょうせんしゅ)
単純性甲状腺腫の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
胆管炎(たんかんえん)
胆管炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
多血症(たけつしょう)赤血球増加症
多血症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう)
大動脈狭窄症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
多発性硬化症(たはつせいこうかしょう)
多発性硬化症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
大動脈縮窄症(だいどうみゃくしゅくさくしょう)
大動脈縮窄症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
ダウン症候群(だうんしょうこうぐん)
のダウン症候群症状、原因、検査、治療、合併症、予防
たんぱく漏出性胃腸症(たんぱくろうしゅつせいいちょうしょう)
たんぱく漏出性胃腸症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
ターナー症候群(たーなーしょうこうぐん)
ターナー症候群の症状、原因、検査、治療、合併症、予防