糖尿病性神経障害(とうにょうびょうせいしんけいしょうがい)

糖尿病性神経障害とは、糖尿病にともなって発症する合併症です。

糖尿病性神経障害(とうにょうびょうせいしんけいしょうがい)

糖尿病性神経障害とは、糖尿病にともなって発症する合併症には血管障害と神経障害が主なものとしてあげられます。糖尿病性神経障害は、病名どおり神経が障害されるものです。障害される神経は末梢神経と自立神経の2つのタイプがあります。

糖尿病性神経障害の症状

糖尿病性神経障害の症状は、ひざをたたいて調べる膝蓋腱反射、アキレス腱反射の低下などがみられます。また末梢神経に障害が起こると、まず足の痛み、感覚の異常が起こります。異常感は、人によって異なり、ふわふわする、ひりひりする、アリがはっているようだなどと訴えることもあります。進行すると手にも症状があらわれます。足の痛みは夜寝ているときに多くなり、不眠になやまされます。さらには、運動ができなくなることもあります。

糖尿病性神経障害でもっとも多いのが、末梢性多発性神経炎です。脳神経障害では糖尿病性視力障害が最も多いものです。大腿骨、坐骨、腓骨などの神経がおかされやすい神経で、これらの神経が支配している筋肉が衰え、運動機能に障害が起こります。

自律神経障害ではインポテンス、心臓血管の障害、起立性低血圧、発汗の異常、胃腸障害などが起こります。

糖尿病性神経障害の原因

糖尿病性神経障害の原因は、基礎に糖尿病があることでみられるものですが、糖尿病との詳しい関係、その原因は十分に究明されていません。インスリンの作用が不足するため、過剰なぶどう糖が神経細胞にとりこまれ、それがソルビトールという糖に変化し、神経毒となるのではないかという説、ミオイノシトールというビタミンB群に含まれる物質が神経細胞の中に不足して神経の伝導が妨げられるという説などがあります。自律神経障害は、糖尿病にかかっている期間が長く、かつ管理が十分でないときに起こります。

糖尿病性神経障害の検査

糖尿病性神経障害の検査は、糖尿病の検査をしたうえで、膝蓋腱反射を調べたり、神経刺激伝導速度の検査、筋電図検査などを行ないます。

自律神経障害は、運動や深呼吸をしたあと、脈拍、心電図などを調べる必要があります。

糖尿病性神経障害の治療

糖尿病性神経障害の治療は、もとになる糖尿病の治療が先決で、食事療法、適度な運動、薬物療法、インスリン療法などが行なわれます。対症療法としては、ビタミン剤や血行改善薬、鎮痛薬などが用いられます。

糖尿病性神経障害の予防

糖尿病性神経障害の予防については、糖尿病と診断されたのちに、神経障害などの合併症を発症をさせないためには、生活の管理をよくすることが大切です。糖尿病専門医の指導をよく守りましょう。

糖尿病性神経障害の関連記事・トピック

現在、糖尿病性神経障害に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

糖尿病性網膜症(とうにょうびょうせいもうまくしょう)
糖尿病性網膜症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
糖尿病性腎症(とうにょうびょうせいじんしょう)
糖尿病性腎症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
糖尿病性神経障害(とうにょうびょうせいしんけいしょうがい)
糖尿病性神経障害の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
突発性発疹(とっぱつせいほっしん)
突発性発疹の症状、原因、検査、治療、合併症、予防