突発性発疹(とっぱつせいほっしん)

急な発熱が3~4日続いて解熱したあと、治る前に発疹が出る病気です。

突発性発疹(とっぱつせいほっしん)

突発性発疹は、急な発熱が3~4日続いて解熱したあと、治る前に発疹が出る病気で、三日熱発疹症とも呼ばれています。ヒトヘルペスウイルス6の感染によって起こります。

生後5か月から2歳までの子どもに多く発病し、とくに多いのは生後6か月から1歳までの離乳期の赤ちゃんです。集団発生はありません。1年を通じてみられる病気ですが、季節の変わり目に比較的多くあらわれます。

一度かかると免疫ができるため、二度とかかりません。

突発性発疹の原因

突発性発疹の原因は、ヒトヘルペスウイルス6の感染により起こります。

ヒトヘルペスウイルス6は、口に入って感染する経口感染でうつるウイルスです。母親のもっているウイルスが母親の手指に付着し、直接赤ちゃんの口に入ったり、食べ物に混じって子どものからだに入り、免疫のない場合に感染します。

突発性発疹の症状

突発性発疹の症状は、ヒトヘルペスウイルス6に感染してから、突発性発疹の症状があらわれるまで約10日間かかります。

急に38~40℃の高熱がでて、3~4日続きます。発熱のわりに全身状態はよく、幼児の場合は機嫌も比較的よいのですが、赤ちゃんの場合は不機嫌で泣いたり、よく眠らないことがあります。

下痢や嘔吐、発熱時に熱性けいれん(ひきつけ)を起こすこともあります。のどが赤くなったり、鼻水が出ることもありますが、せきやくしゃみはありません。この時期に急性消化不良症やかぜ症候群と間違われることがあります。

発症後3~4日で平熱に戻ると、下痢などの発熱時の症状は消えますが、発疹があらわれます。発疹は薄い赤色で、あせもかはしかの発疹に似ていますが、かゆみはありません。顔や胸、腹から始まり、さらに背中など全身に広がって2~3日で消えます。

突発性発疹の検査

突発性発疹の検査は、解熱して発疹があらわれると、症状から突発性発疹と診断がつきます。

突発性発疹の治療

突発性発疹の治療については、この病気は自然に治ります。

発熱があるときは、家庭で安静にして、水分を十分与えるようにします。

高熱が続くため心配されますが、危険はありません。

突発性発疹の関連記事・トピック

現在、突発性発疹に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

糖尿病性網膜症(とうにょうびょうせいもうまくしょう)
糖尿病性網膜症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
糖尿病性腎症(とうにょうびょうせいじんしょう)
糖尿病性腎症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
糖尿病性神経障害(とうにょうびょうせいしんけいしょうがい)
糖尿病性神経障害の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
突発性発疹(とっぱつせいほっしん)
突発性発疹の症状、原因、検査、治療、合併症、予防