胆管炎(たんかんえん)

胆管炎とは、細菌の胆管内への感染が原因で起こります。

胆管炎(たんかんえん)

胆管炎とは、細菌の胆管内への感染が原因で起こります。ほとんどが胆石、とくに総胆管結石をもっていて、胆嚢炎を併発する場合が多くみられます。重症になると急性閉塞性化膿性胆管炎に進展し、意識障害やショック症状を引き起こすことがあります。

胆管炎の症状

胆管炎の症状は、急性胆嚢炎とよく似た症状で、寒けやふるえ、吐き気、高熱がでて、みぞおちや右上腹部がふくれたり痛みます。一般に胆嚢炎の場合より症状は激しく、長く続きます。

胆管炎では黄疸があらわれやすく、右上腹部痛、発熱、黄疸の症状に意識障害、尿量の減少が加わると急性閉塞性化膿性胆管炎を発症している恐れがあります。これは、胆管から細菌が血液中に流れ出て敗血症を起こしたり、細菌が胆管内で産生した毒素が血液中に入って意識障害やショック症状を起こす重大な病気です。

胆管炎の原因

胆管炎の原因は、胆石によって胆管内の胆汁の流れがとどこおると、腸内細菌が胆道に逆流して感染が起こります。

胆石のほかに寄生虫や胆管に発生したガンも胆管をつまらせ、胆汁をうっ滞させる原因となることがあります。

胆管炎の合併症

胆管炎は、しばしば胆嚢炎を合併します。

胆管炎の検査

胆管炎の検査については、臨床症状や血液検査、超音波検査でほぼ診断がつきます。総胆管結石などの原因を明らかにするためには、内視鏡的逆行性胆管造影を行ないます。さらに、腹部X線撮影や心電図、消化管検査など、必要に応じた検査が行なわれます。

胆管炎の治療

胆管炎の治療については、安静を保ち、補液(点滴)して絶食し、抗生物質を中心に症状に応じた薬が使用されます。

急性閉塞性化膿性胆管炎に進んだ場合は、超音波装置で確認しながら管を胆管に入れ、胆管内の胆汁や膿汁を取り除く胆管ドレナージを行なわないと生命にかかわります。胆管ドレナージは内視鏡を使っても可能で、とくに総胆管結石が原因の場合には、ファーター乳頭を切開して、石を取り出すこともできます。これが困難なときには、緊急開腹手術が行なわれます。

胆石をもっている人は、脂肪分の多い食事、暴飲暴食を避け、栄養的にバランスのとれた食事を規則正しくとることが大切です。また、便秘をしないように食物繊維を多めにとったり、過労やストレスをまねかないように注意することも腹痛発作の予防になります。

胆管炎の関連記事・トピック

現在、胆管炎に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

多汗症(たかんしょう)
多汗症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
単純性甲状腺腫(たんじゅんせいこうじょうせんしゅ)
単純性甲状腺腫の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
胆管炎(たんかんえん)
胆管炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
多血症(たけつしょう)赤血球増加症
多血症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう)
大動脈狭窄症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
多発性硬化症(たはつせいこうかしょう)
多発性硬化症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
大動脈縮窄症(だいどうみゃくしゅくさくしょう)
大動脈縮窄症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
ダウン症候群(だうんしょうこうぐん)
のダウン症候群症状、原因、検査、治療、合併症、予防
たんぱく漏出性胃腸症(たんぱくろうしゅつせいいちょうしょう)
たんぱく漏出性胃腸症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
ターナー症候群(たーなーしょうこうぐん)
ターナー症候群の症状、原因、検査、治療、合併症、予防