大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう)

大動脈狭窄症とは、大動脈の入り口の弁が狭く、左心室から大動脈へ血液がスムーズに送り出せなくなる病気です。

大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう)

大動脈狭窄症とは、大動脈の入り口の弁が狭く、十分に開かないために、左心室から大動脈へ血液がスムーズに送り出せなくなる病気です。そのため、左心室の血圧が高くなり、左心室が肥大します。軽症では無症状ですが、中等症以上の場合は運動中に突然死することもある危険な病気です。先天的にも後天的にも起こります。

大動脈狭窄症の症状

大動脈狭窄症の症状は、軽症では無症状です。

大動脈へ十分な血液を送り出すために左心室が肥大しますが、この状態が進むと、心筋が衰えて心不全の症状があらわれます。まず運動時の息切れがみられ、しだいに夜間に突然呼吸困難に陥る心臓ぜんそくの状態になります。最も重症の例では、乳児期初期に心不全を起こします。

また、不整脈となり、めまいや失神を起こすことがあります。

これらの症状は、大動脈弁の開き方が通常の4分の1以下になると、あらわれてくると考えられます。このような状態になると、運動中に胸痛や失神発作を起こし、突然死する危険もでてきます。

大動脈狭窄症の検査

大動脈狭窄症の検査は、心音、心電図、胸部X線などの検査で、ほぼわかります。さらに、狭窄の程度の確認や、ほかの病気と区別するために、心臓超音波検査や心臓カテーテル・造影検査が行なわれます。

大動脈狭窄症の治療

大動脈狭窄症の治療は、大動脈弁の狭窄が一定以上であれば、弁を広げる手術が行なわれます。また、運動を制限されることもあります。1歳以降に手術を受けた場合は危険が少なく、通常、日常生活に支障はなくなります。しかし、重症の新生児では手術の危険性が高まります。また完治がむずかしい病気で、将来、人工弁に取りかえる再手術が必要になることもあります。

大動脈狭窄症の関連記事・トピック

現在、大動脈狭窄症に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

多汗症(たかんしょう)
多汗症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
単純性甲状腺腫(たんじゅんせいこうじょうせんしゅ)
単純性甲状腺腫の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
胆管炎(たんかんえん)
胆管炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
多血症(たけつしょう)赤血球増加症
多血症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
大動脈狭窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう)
大動脈狭窄症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
多発性硬化症(たはつせいこうかしょう)
多発性硬化症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
大動脈縮窄症(だいどうみゃくしゅくさくしょう)
大動脈縮窄症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
ダウン症候群(だうんしょうこうぐん)
のダウン症候群症状、原因、検査、治療、合併症、予防
たんぱく漏出性胃腸症(たんぱくろうしゅつせいいちょうしょう)
たんぱく漏出性胃腸症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
ターナー症候群(たーなーしょうこうぐん)
ターナー症候群の症状、原因、検査、治療、合併症、予防