腟炎(ちつえん)

月経時や妊娠時には、自浄作用が低下して病原体の感染を受けやすくなり起こる炎症が腟炎です。

腟炎(ちつえん)

健康な女性の腟の内部には、デーデルライン桿菌という細菌が常在しています。この細菌が、たえず乳酸をつくり出しているので、腟内は強い酸性に保たれていてます。そのため、外から病原体が侵入するのを防ぎ、侵入してもそれを殺してしまうことができます。この働きを腟の自浄作用と呼びます。

しかし月経時や妊娠時、更年期、糖尿病がある場合には、自浄作用が低下して病原体の感染を受けやすくなります。こうして起こる炎症が腟炎です。腟炎は、子宮内膜炎や外陰炎の炎症が腟内に及んで起こる場合もあります。

タンポンなど異物の腟内への挿入、アルコールなどの化学薬品による腟の洗浄からも、腟炎が起こります。

炎症を起こす病原体は主に、トリコモナスなどの原虫、カンジダなどの真菌、淋菌などです。ほかに大腸菌、ぶどう球菌、連鎖球菌によることもあります。

原因となる病原体によって、トリコモナス腟炎、カンジダ腟炎、老人性腟炎、非特異性腟炎に分類されており、それぞれ特有の症状があります。

腟炎の関連記事・トピック

現在、腟炎に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

聴神経腫瘍(ちょうしんけいしゅよう)
聴神経腫瘍の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
腸結核(ちょうけっかく)
腸結核の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
中心性漿液性脈絡網膜症(ちゅうしんせいしょうえきせいみゃくらくもうまくしょう)
中心性漿液性脈絡網膜症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
腟炎(ちつえん)
腟炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防