先天性食道閉鎖症(せんてんせいしょくどうへいさしょう)

先天性食道閉鎖症とは、生まれつき食道が途中で閉鎖している、又は断裂していてつながりのない状態をさします。

先天性食道閉鎖症(せんてんせいしょくどうへいさしょう)

先天性食道閉鎖症とは、食道が途中で閉鎖している、又は断裂していてつながりのない状態をさします。上部又は下部の食道が、気管とつながっているかどうかによって、さまざまな型に分類されています。

以前は助からなかった病気ですが、現在では、手術によって健康に発育するようになりました。

先天性食道閉鎖症の原因

先天性食道閉鎖症の原因については不明で、生まれつきのものです。

先天性食道閉鎖症の症状

先天性食道閉鎖症の症状としては、出生の直後から、粘液状または泡沫状の唾液を多量に分泌しているのが特徴になっています。そのためミルクを飲ませるとすぐに吐き出したり、激しくむせたりします。また、顔色が紫色になるチアノーゼが起こることもあります。

先天性食道閉鎖症の合併症

先天性食道閉鎖症の合併症としては、心臓や消化管の奇形や、肺炎などの肺の病気を合併することがあります。

先天性食道閉鎖症の検査

先天性食道閉鎖症の検査についてですが、食道閉鎖症に限らず、重症の消化管閉鎖では、母親に羊水過多症がある場合が多いとされます。これが診断の参考として使われます。

検査は口から胃に向けて管を挿入し、食道が閉鎖あるいはとぎれている部位で管がつかえ、反転して戻ってくるのを確認できれば診断は確実になります。

先天性食道閉鎖症の治療

先天性食道閉鎖症の治療にいては、診断がついたらすぐに手術が必要になります。

治療法としては、食道とつながっている気管を切り離して閉鎖させ、とぎれている上下の食道をつなぎあわせる手術を同時に行なう方法と、別々に分けて行なう方法とがあります。分割して行なう場合は、切り離した食道をまず胃につなぎ、のちに食道と食道をつなぎ合わせます。

先天性食道閉鎖症の関連記事・トピック

現在、先天性食道閉鎖症に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

先天性食道閉鎖症(せんてんせいしょくどうへいさしょう)
先天性食道閉鎖症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)
脊髄空洞症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
声帯まひ(せいたいまひ)反回神経まひ
声帯まひの症状、原因、検査、治療、合併症、予防
脊椎管狭窄症(せきついかんきょうさくしょう)脊柱管狭窄症
脊椎管狭窄症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
先天性筋性斜頸(せんてんせいきんせいしゃけい)
先天性筋性斜頸の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
成長ホルモン分泌不全症(せいちょうほるもんぶんぴつふぜんしょう)
成長ホルモン分泌不全症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防