脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)

脊髄空洞症とは、脊髄の中に空洞ができ、神経が圧迫されるためにさまざまな神経障害が起こる病気です。

脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)

脊髄空洞症とは、脊髄の中に空洞ができ、中を通っている神経が圧迫されるためにさまざまな神経障害が起こる病気です。空洞の大きさや長さはいろいろですが、できる位置は頸髄、延髄の順で多くなっています。たいていは先天性のもので、20~30歳代の若年成人をピークとして幅広い年齢層に見られます。まれに脊髄の炎症や腫瘍、外傷などの後天的要因で発生することもあります。

脊髄空洞症の症状

脊髄空洞症の症状は、知覚障害、運動神経障害、自律神経障害などがみられます。知覚障害では、痛みや熱さ、冷たさなどを感じることができなくなります。運動神経障害では、おもに上肢の筋力低下や筋萎縮、握力低下などが出てきます。自律神経障害では異常発汗、血行障害などがみられます。初期には体の片側にあらわれる症状が、進行につれて両側に広がってきます。

脊髄空洞症の原因

脊髄空洞症の原因は、小脳が脊髄の方に下がる先天性奇形(キアリ奇形)が原因になることもあります。後天性の場合は脊髄の炎症や腫瘍、外傷などが原因になることがあります。

脊髄空洞症の検査

脊髄空洞症の検査は、MRIで脊髄を検査すると、空洞の存在がわかります。握力低下、手の筋肉の萎縮、ピンやハンマーを使った神経学的な検査をすれば、診断は容易につきます。

脊髄空洞症の治療

脊髄空洞症の治療は、手術によって軽快します。治療しなければ、症状がしだいに悪化していきます。

脊髄空洞症の関連記事・トピック

現在、脊髄空洞症に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

先天性食道閉鎖症(せんてんせいしょくどうへいさしょう)
先天性食道閉鎖症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)
脊髄空洞症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
声帯まひ(せいたいまひ)反回神経まひ
声帯まひの症状、原因、検査、治療、合併症、予防
脊椎管狭窄症(せきついかんきょうさくしょう)脊柱管狭窄症
脊椎管狭窄症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
先天性筋性斜頸(せんてんせいきんせいしゃけい)
先天性筋性斜頸の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
成長ホルモン分泌不全症(せいちょうほるもんぶんぴつふぜんしょう)
成長ホルモン分泌不全症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防