声帯まひ(せいたいまひ)反回神経まひ

声帯まひとは、声帯の動きをコントロールしている神経がまひして、声帯がうまく働かなくなる病気です。

声帯まひ(せいたいまひ)反回神経まひ

声帯まひとは、声帯の動きをコントロールしている神経(反回神経)がまひして、声帯がうまく働かなくなる病気です。

声帯まひの症状

声帯まひの症状としては、もっとも多いのは、息もれするような、力のないかすれ声です。両方の声帯が閉じたままの場合は呼吸困難になります。また、ものが飲み込みにくくなったり、液体物を飲むときにむせることがあります。

声帯まひの原因

声帯まひの原因は、かぜによる反回神経へのウイルス感染や手術などによる反回神経の損傷のほかに、頭蓋底腫瘍、食道がん、甲状腺がん、大静脈瘤、結核性胸膜炎などによることがあります。

声帯まひの合併症

声帯まひの合併症には、急に起こると誤嚥が生じ、食べ物が気管に入ってむせます。両側性の場合は、声は正常でも息が吸い込めなくなり、呼吸困難になります。

声帯まひの検査

声帯まひの検査は、まひがあるかないかは喉頭[こうとう]鏡で観察すればわかります。また、喉頭付近や頸部の神経学的検査も行なわれます。そのほか、喉頭ファイバースコープ、胸部X線撮影、頭部CTスキャン、MRI検査、声帯の筋電図検査、発声機能検査などが行なわれます。

声帯まひの治療

声帯まひの治療は、呼吸困難になっている場合は、気管切開などの救命処置をほどこします。原因不明のときは、薬物療法によってまひの回復をはかります。 

両側の声帯まひの場合、かぜをひくと呼吸困難になるおそれがあるので、日頃からかぜをひかないように細心の注意を心がけてください。

声帯まひの関連記事・トピック

現在、声帯まひに関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

先天性食道閉鎖症(せんてんせいしょくどうへいさしょう)
先天性食道閉鎖症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)
脊髄空洞症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
声帯まひ(せいたいまひ)反回神経まひ
声帯まひの症状、原因、検査、治療、合併症、予防
脊椎管狭窄症(せきついかんきょうさくしょう)脊柱管狭窄症
脊椎管狭窄症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
先天性筋性斜頸(せんてんせいきんせいしゃけい)
先天性筋性斜頸の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
成長ホルモン分泌不全症(せいちょうほるもんぶんぴつふぜんしょう)
成長ホルモン分泌不全症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防