食道噴門弛緩症(しょくどうふんもんしかんしょう)

道と胃の境界部、噴門のしまりが悪い状態をいい、胃の内容物が逆流する状態が続きます。

食道噴門弛緩症(しょくどうふんもんしかんしょう)

食道噴門弛緩症とは、食道と胃の境界部、噴門のしまりが悪い状態をいい、胃の内容物が逆流する状態が続きます。

食道噴門弛緩症の症状

食道噴門弛緩症の症状は、生後まもなくから、吐き気はないのに授乳中や授乳後の嘔吐がひんぱんに起こります。からだを立たせた状態で抱いているときは起こりにくいのですが、体位の変換時や寝かせた状態でせきをしたり、泣いたときに起こりやすいものです。

逆流した乳汁が気管に入ると肺炎をくり返したり、せきや喘鳴(ゼイゼイ、ヒューヒューという呼吸)などぜんそくに似た症状がでることもあります。また、嘔吐の回数が多いと、体重が順調にふえません。

通常、生後3か月ごろまでには自然に治るものです。しかし、症状が長く続くと、逆流した胃内容物によって食道炎や食道潰瘍を生じ、吐血や食道狭窄を起こすこともあります。

食道噴門弛緩症の原因

食道噴門弛緩症の原因は、食道下部から胃へ移行する手前には下部食道括約筋があり、胃の中に入ったものが食道へ逆流するのを防ぐ働きをしています。食道噴門弛緩症は、この下部食道括約筋が未発達のために起こります。

食道噴門弛緩症の検査

食道噴門弛緩症の検査は、胃から食道への逆流の有無を調べる検査が行なわれます。

食道噴門弛緩症の治療

食道噴門弛緩症の治療は、授乳や食事は、少しずつ分けて回数をふやして与えます。吐かないように、イスなどで背中を支えて座らせた状態に体位を保つことが大切です。

これで効果がない場合は、薬物療法が行なわれます。重症の場合は、食道の下部を縫う手術が必要です。

食道噴門弛緩症の関連記事・トピック

現在、食道噴門弛緩症に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

耳硬化症(じこうかしょう)
耳硬化症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
心身症(しんしんしょう)
心身症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)
手根管症候群の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
周期性四肢まひ(しゅうきせいししまひ)
周期性四肢まひの症状、原因、検査、治療、合併症、予防
シトルリン血症(しとるりんけっしょう)
シトルリン血症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
食道噴門弛緩症(しょくどうふんもんしかんしょう)
食道噴門弛緩症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
硝子体混濁(しょうしたいこんだく)
硝子体混濁の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
膝蓋軟骨軟化症(しつがいなんこつなんかしょう)
膝蓋軟骨軟化症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)  
子宮筋腫の症状、原因、検査、治療、合併症、予防