脊椎管狭窄症(せきついかんきょうさくしょう)脊柱管狭窄症

脊椎管狭窄症は、脊椎管の太さが先天的に狭くなっているか、後天的要因で狭くなる病気です。

脊椎管狭窄症(せきついかんきょうさくしょう)脊柱管狭窄症

脊椎管狭窄症とは、脊椎の中を通っている管を脊椎管といいます。脊椎管狭窄症は、この脊椎管の太さが先天的に狭くなっているか、あるいは何らかの後天的要因で狭くなる病気です。

脊椎管狭窄症の症状

脊椎管狭窄症の症状は、脊椎管が狭いだけでは、とくに目立った症状は出ません。ただし変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、後縦靱帯[じんたい]骨化症などにかかると、脊椎管が狭くなり、それぞれの症状が出てきて悪化します。腰椎部の狭窄症では腰痛、歩行中の下肢の痛みや歩行障害(休み休み歩かなければならなくなるため、これを間歇跛行といいます)などがあらわれます。痛みは、しゃがんだり、イスに座って腰を丸めると楽になります。頸椎部の狭窄症では脊髄が圧迫されるための障害(首や肩の痛み、手の痛みやしびれなど)があらわれます。

脊椎管狭窄症の原因

脊椎管狭窄症の原因は、脊椎管が先天的に狭いか、変形性脊椎症その他の脊椎の病気のために狭くなっていることが原因と考えられます。

脊椎管狭窄症の検査

脊椎管狭窄症の検査は、X線CTやMRI検査で正確に脊椎管狭窄の様子がわかります。

脊椎管狭窄症の治療

脊椎管狭窄症の治療は、脊椎管が狭く、変形性脊椎症やヘルニアなどの脊椎の病気にかかっている場合には、これらの治療をします。手術が必要になる場合もあります。

脊椎管狭窄症の関連記事・トピック

現在、脊椎管狭窄症に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

先天性食道閉鎖症(せんてんせいしょくどうへいさしょう)
先天性食道閉鎖症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)
脊髄空洞症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
声帯まひ(せいたいまひ)反回神経まひ
声帯まひの症状、原因、検査、治療、合併症、予防
脊椎管狭窄症(せきついかんきょうさくしょう)脊柱管狭窄症
脊椎管狭窄症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
先天性筋性斜頸(せんてんせいきんせいしゃけい)
先天性筋性斜頸の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
成長ホルモン分泌不全症(せいちょうほるもんぶんぴつふぜんしょう)
成長ホルモン分泌不全症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防