子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)  

子宮の筋肉にできる良性の腫瘍(しゅよう)です。

子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)

子宮筋腫とは、子宮の筋肉にできる良性の腫瘍(しゅよう)です。発生頻度の高い病気で、30歳以上の女性の20~30%は子宮筋腫をもっているといわれています。最も多いのが40歳代、ついで30歳代とされています。

子宮筋腫は発生場所によって、次のように区別されます。子宮体部では、子宮の内側に向かってできる粘膜下筋腫、子宮の外方に向かってできる漿膜下筋腫、子宮の筋肉の中にできる筋層内筋腫があります。また、子宮頸部にできるものもあります。

筋腫の大きさは、小豆大の小さなものからフットボール大の大きなものまで、人によっていろいろです。筋腫の数も、1個だけの場合もあれば、同時に数個から数十個できる場合もあります。

症状が悪化すれば手術で切除しなければなりませんが、必ずしもすべて治療を必要とするわけではありません。

子宮筋腫の症状

子宮筋腫の症状は、筋腫の発生場所や発育の程度によって異なります。

筋腫が小さいうちは目立った症状はありません。筋腫がこぶしより大きくなると、腹部にしこりを触れるようになり、さまざまな症状があらわれます。しかし、かなり大きくなっても無症状の人もいます。

症状としてはまず月経過多、不正性器出血、月経痛があげられます。筋腫が大きくなって子宮内腔が大きくなったり、内腔に突出している筋腫の表面に潰瘍ができたり、部分的に血液がうまく流れずに子宮内に血液がうっ滞するなどにより月経過多が起こります。具体的には、月経時の出血量が非常に多く、月経血に血のかたまりが混ざったりするようになると、顔色が悪くなったり、粘膜が白っぽくなるといった貧血の症状があらわれます。また、不正性器出血がみられたり、月経がいつまでも長びくこともあります。

粘膜下筋腫では、比較的小さくても月経過多や不正性器出血などが強くあらわれますが、筋層内筋腫の場合は小さければ症状はほとんどみられません。また漿膜下筋腫では、かなり大きくなっても症状があらわれないことが多いものです。

筋腫が大きくなると、子宮の周囲の臓器が圧迫され、さまざまな症状がでてきます。子宮前方にある膀胱[ぼうこう]に向かって発育した場合には、頻尿になります。筋腫が後方の直腸に向かって発育すと、便秘を訴えるといわれていますが、実際は滅多にありません。下腹部痛、腰痛も圧迫症状の代表的なものです。

子宮筋腫があると不妊症になる率が高いことも問題です。筋腫が子宮の内腔に発生すると、受精卵の着床、発育が妨げられます。また、卵管が圧迫されて受精卵の通過が妨げられることも考えられます。さらに、妊娠しても流産や早産の危険性が高まります。

子宮筋腫の原因

子宮筋腫の原因は、筋腫は卵巣ホルモンの働きが盛んである20~50歳ごろにみられ、卵巣ホルモンの働きが低下する閉経期には小さくなります。また思春期前や閉経期になって筋腫が発生することは、ふつうありません。そのことから、卵巣ホルモン(エストロゲン)の働きが子宮筋腫の発生・発育に重要な役割を演じていると考えられていますが、まだ十分に解明されてはいません。

発育の程度には個人差があり、短期間のうちに大きくなることも、10年あるいは20年たってもそれほど大きさが変わらないこともあります。

子宮筋腫の検査

子宮筋腫の検査は、まず問診や内診が行なわれます。症状として不正性器出血がある場合は、子宮内膜がん、子宮肉腫、子宮内膜ポリープなどの病気も念頭におく必要があります。それらの病気と区別するために超音波断層法、X線CT、がん検査が行なわれることもあります。

子宮筋腫の治療

子宮筋腫の治療は、筋腫が小さく、無症状か、症状があっても日常生活に支障がない場合は、手術は行なわれません。まだ若くて妊娠の可能性を残しておきたい人や、妊娠中に筋腫が発見された人は、定期的に診察を受けながら様子をみます。更年期に近い人も同様です。これは、閉経すると筋腫が小さくなるからです。

しかし、途中で症状が悪化したり、筋腫が大きくなったりしたときは、手術が必要になります。

医師によって筋腫に対する判断が微妙に違うので、信頼できる医師に相談し、適切な判断と処置をしてもらうことが大切です。

【手術療法】
子宮筋腫の手術の方法には、子宮を全部取ってしまう子宮全摘出術と、筋腫の部分だけを取り除く子宮筋腫核手術があります。

すでに子どもを生んでおり、もう妊娠を希望しない40歳以上の女性に対しては、子宮全摘出術が選択されることが一般的です。手術後はそれまでの不快な症状が一切なくなります。子宮を全部取ってしまうので再発することもなく、子宮がんの心配もなくなります。

一方、子宮筋腫核手術は、妊娠の可能性を残しておく必要のある若い女性、まだ子どもを望む人、不妊の原因が子宮筋腫であると考えられる人に対して行なわれます。この方法によって、長い間不妊に悩んでいた人が妊娠し、無事に出産した例が多数あります。しかし、小さな筋腫まできれいに取り除くことは不可能なため、のちに再発することがあります。

どちらの手術の場合も、入院期間は約2週間で、退院後は自宅で数週間療養し、その後社会復帰できるようになります。

【薬物療法】
症状を軽くする目的で用いられる対症療法的なものと、筋腫の縮小効果を期待して用いられるものがあります。

最近、エストロゲンの分泌をおさえる薬剤が筋腫を縮小させる目的で使用されています。しかし、筋腫によってその効果にばらつきがあったり、薬の使用を中止すると半年以内にもとの状態に戻ってしまうといった問題点もあります。 

手術で子宮を全部取ってしまっても、卵巣があれば、女らしさがそこなわれることはありません。女らしさを演出しているのは卵巣から分泌されるホルモンであり、子宮はそのホルモンの影響を受けて月経を起こし、妊娠して新しい生命を育てる器官なのです。また、腟は残っているので、性生活にも支障はありません。

子宮筋腫の関連記事・トピック

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080303-00000007-dal-fight

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

耳硬化症(じこうかしょう)
耳硬化症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
心身症(しんしんしょう)
心身症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)
手根管症候群の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
周期性四肢まひ(しゅうきせいししまひ)
周期性四肢まひの症状、原因、検査、治療、合併症、予防
シトルリン血症(しとるりんけっしょう)
シトルリン血症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
食道噴門弛緩症(しょくどうふんもんしかんしょう)
食道噴門弛緩症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
硝子体混濁(しょうしたいこんだく)
硝子体混濁の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
膝蓋軟骨軟化症(しつがいなんこつなんかしょう)
膝蓋軟骨軟化症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)  
子宮筋腫の症状、原因、検査、治療、合併症、予防