5月14日 04:18





耳硬化症とは、内耳の前庭窓に接するあぶみ骨の底部に増殖や固着が生じて動かなくなり、徐々に聴力が低下しはじめます。
心身症とは、心理的なことが原因となり、からだに起こる病気をいいます。
手根管症候群は、手根管の中で神経が圧迫されるために起きる病気で、中年女性に多く見られる病気です。
先天性食道閉鎖症とは、生まれつき食道が途中で閉鎖している、又は断裂していてつながりのない状態をさします。
脊髄空洞症とは、脊髄の中に空洞ができ、神経が圧迫されるためにさまざまな神経障害が起こる病気です。
周期性四肢まひとは、四肢の弛緩性まひが発作的に起こり、数時間から数日以内に回復する病気です。
声帯まひとは、声帯の動きをコントロールしている神経がまひして、声帯がうまく働かなくなる病気です。

シトルリン血症とは、血液中のアンモニアが増加し、悪影響を及ぼしますサイクル代謝異常症のひとつです。

道と胃の境界部、噴門のしまりが悪い状態をいい、胃の内容物が逆流する状態が続きます。
脊椎管狭窄症は、脊椎管の太さが先天的に狭くなっているか、後天的要因で狭くなる病気です。