「に」の病気(病名)の最近のブログ記事

乳児肥厚性幽門狭窄症とは、胃から十二指腸への出口である幽門が狭くなる先天性の病気です。
尿道狭窄症とは、尿道口や尿道の内部が狭くなった状態をいいます。
乳腺線維腺腫とは、乳腺にしこりができる病気で、良性腫瘍のひとつです。
尿毒症は腎臓の機能が極度に低下し、体液の恒常性が維持できなくなります。
尿失禁とは、閉経後に発生する例が多くみられます。
乳児寄生菌性紅斑とは、かびの一種であるカンジダ菌が、おむつ部分の皮膚に感染して起こります。
尿道下裂とは、尿道の出口が陰茎の先端ではなく、後方にあるものをいいます。
腸管内にガスがたまって腹が張ったり、おなかがごろごろなる腹鳴、嘔吐、下痢、腹痛などが起こります。
乳汁が産後以外の時期に分泌される状態を乳漏症といいます。
尿道炎とは、細菌やアレルギーなどによって尿道に炎症が起こります。