スポンサードリンク

乳腺線維腺腫(にゅうせんせんいせんしゅ)

乳腺線維腺腫とは、乳腺にしこりができる病気で、良性腫瘍のひとつです。

乳腺線維腺腫(にゅうせんせんいせんしゅ)

 乳腺線維腺腫とは、乳腺にしこりができる病気で、良性腫瘍のひとつです。

思春期から25歳くらいまでの若い人に多く発症し、妊娠中に大きくなることもあります。

乳腺線維腺腫の原因

乳腺線維腺腫の原因としては、卵胞ホルモンのエストロゲンに乳腺が反応して起こるとされています。乳腺の、乳汁をつくる腺胞が集まっている小葉内の結合組織が、増殖してしこりをつくります。

乳腺線維腺腫の症状

乳腺線維腺腫の症状として、は乳腺にしこりができることです。複数できることもありますが、痛みがないため、偶然しこりに触れて気がつくケースが多いようです。

しこりの大きさは、通常は豆粒大からうずらの卵くらいですが、ときには鶏卵大になることがあります。形は球状や卵型が多く、しこりの縁がくびれたような切れ込みになっていることもあります。しこりと周囲の境界ははっきりしているために、乳腺のなかでしこりがころころと動きます。

乳腺線維腺腫の検査

乳腺線維腺腫の検査としては、触診でほぼわかります。

若い女性は乳腺が高密度なため、腫瘍の特徴を写しだせる超音波検査が適しています。乳がんの検査のため細胞診が必要となることもあります。

50歳以降に発見された場合は、マンモグラフィーが有効です。ときには乳腺線維腺腫の特徴的な変化である、大粒の石灰像と腫瘤陰影が確認されます。 

乳腺線維腺腫の治療

乳腺線維腺腫の治療についてですが、25歳以下の人の場合は、あわててしこりを摘出することはありません。ただし、乳房に針を刺し、細胞を微量採取して調べる穿刺細胞診を受け、良性腫瘍であることを確認する必要があります。そのあとは医師の指示に従って、年1、2回の定期検査を受けるようにします。

25歳以降に発症した場合は、乳がんの可能性があるので手術が行なわれます。手術は外来で受けられます。局所麻酔をして皮膚を大きく切開し、しこりを摘出するもので、乳房に変形が残ることはありません。

乳腺線維腺腫の関連記事・トピック

現在、乳腺線維腺腫に関連する記事やトピックはありません。

スポンサードリンク
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

尿道狭窄症(にょうどうきょうさくしょう)
尿道狭窄症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
乳腺線維腺腫(にゅうせんせんいせんしゅ)
乳腺線維腺腫の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
尿毒症(にょうどくしょう)
尿毒症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
尿失禁(にょうしっきん)
尿失禁の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
乳児寄生菌性紅斑(にゅうじきせいきんせいこうはん)
乳児寄生菌性紅斑の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
尿道下裂(にょうどうかれつ)
尿道下裂の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)
乳糖不耐症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
乳漏症(にゅうろうしょう)
乳漏症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
尿道炎(にょうどうえん)
尿道炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
乳管拡張症(にゅうかんかくちょうしょう)
乳管拡張症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防

家庭の医学辞典

このサイトを購読する

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録