脳膿瘍(のうのうよう)

激しい頭痛や嘔吐が続き、からだの片側がまひする、けいれんや言葉の障害が起きるなどの症状があらわれます。

脳膿瘍(のうのうよう)

脳膿瘍とは、脳実質に膿がたまる病気です。硬膜下膿瘍や硬膜外膿瘍といって硬膜のそばに膿がたまるものもあります。

脳膿瘍の症状

脳膿瘍の症状は、激しい頭痛や嘔吐が続き、からだの片側がまひする、けいれんや言葉の障害が起きるなど、脳腫瘍に似た症状があらわれます。脳腫瘍と異なるのは、感染があるために全身の炎症症状があらわれ、熱も高くなることです。しかし、中耳炎などで抗生物質を使っていると、炎症症状がでなかったりするので注意が必要です。

嘔吐や激しい頭痛のほか、頭蓋内圧が高くなると意識障害なども起こします。

脳膿瘍の原因

脳膿瘍の原因は、脳の実質といわれる一部に細菌が感染し、そこが化膿して膿がたまるものです。感染は、中耳炎、副鼻腔炎など、脳に近い耳や鼻の感染症を起こした場合だけでなく、気管支炎、心内膜炎などを起こした場合にも起こります。

脳膿瘍の検査

脳膿瘍の検査は、全身症状と発熱、片まひや嘔吐などから推測して、脳腫瘍との鑑別をします。X線CTやMRIで脳の検査をし、診断を確定します。

脳膿瘍の治療

脳膿瘍の治療は、早期に診断が確定できれば、抗生物質による治療で後遺症も少なくてすむようになりました。手術によって膿を取り除くこともあります。

抗生物質と頭蓋内圧降下剤を用いて脳の状態をよくしておき、膿を包む被膜が形成される2~3週間後に手術が行なわれることもあります。

脳膿瘍の予防

脳膿瘍の予防については、再発することがあるので、もとになっている感染症をきちんと治療します。

脳膿瘍の関連記事・トピック

現在、脳膿瘍に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

脳膿瘍(のうのうよう)
脳膿瘍の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
脳性まひ(のうせいまひ)
脳性まひの症状、原因、検査、治療、合併症、予防
脳炎(のうえん)
脳炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防