脳性まひ(のうせいまひ)

脳性まひとは、脳に障害があり、運動機能が障害をうけているものをいいます。

脳性まひ(のうせいまひ)

脳性まひとは、脳に障害があり、そのために運動機能が障害をうけているものをいいます。未熟児医学が進歩したために発生率は減少しましたが、子どもの神経疾患のなかでは比較的多い病気です。

脳性まひの原因

脳性まひの原因は、妊娠中(胎生期)の異常、先天的な脳の異常、分娩にともなう新生児期の外傷、血管障害、酸素欠乏などが原因となります。

脳性まひの症状

脳性まひの症状は、痙性まひといわれる筋肉がかたく突っ張って手足が動かないもの、動かそうと思わないのに動いてしまう不随意運動、複雑な動きや細かい動きができない運動失調、共調失調障害など、障害を受けた脳の部位によっていろいろのあらわれ方をします。胎生期や新生児期など、運動能力を身につける以前に脳が障害されるために、正常なところと障害されたところとが混在したまま成長します。

まひの起こる部分については、全身の四肢まひ、足だけのまひ(下肢まひ)、手か足の一部だけのまひ(単まひ)などに分類されています。まひの性質による分類もあり、硬直性まひ(突っ張って自由がきかない)、弛緩性まひ(力を入れようとしても入らない)、アテトーゼ型まひ(ねじれたり、突っ張ったりする余分な動きが入る)、失調性まひ(運動時のバランスがくずれ、スムーズな動きができない)などがあります。

運動神経以外にも障害があって、知能発達の遅れやてんかん発作を伴うこともあります。

脳性まひの検査

脳性まひの検査は、出産時に難産であったかなどの病歴と運動障害の症状で判断できますが、必要に応じて脳波検査やX線CTなどを行ないます。

早期発見が大切ですが、赤ちゃんは1日のほとんどを寝ているので、すぐにはわかりにくいものです。首のすわりが悪い、おすわりができない、ものがつかめないなど、発達の遅れに気づいたら、診察を受けましょう。

脳性まひの治療

脳性まひの治療は、専門医と理学療法士などの指導のもとに根気よく訓練を続けます。症状を改善させる薬剤も開発されています。また、手術が適応になるものもあり、補助装具も開発されています。集団での機能訓練には、肢体不自由児施設などもあります。機能回復をはかると同時に、社会人となるための職業訓練も行なわれます。病院や保健所で相談しましょう。

脳性まひの関連記事・トピック

現在、脳性まひに関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

脳膿瘍(のうのうよう)
脳膿瘍の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
脳性まひ(のうせいまひ)
脳性まひの症状、原因、検査、治療、合併症、予防
脳炎(のうえん)
脳炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防