スポンサードリンク

ネコひっかき病(ねこひっかきびょう)

ネコにひっかかれたり、かまれたりしたあと、傷口に近い部分のリンパ節が長期間はれる病気です。

ネコひっかき病(ねこひっかきびょう)

ネコひっかき病とは、ネコにひっかかれたり、かまれたりしたあと、傷口に近い部分のリンパ節が長期間はれる病気です。

ある種の細菌かウイルスの感染によって起こると考えられ、最近ではロカリマという細菌が病原微生物と推定されています。

ネコ自体は媒介するだけで発症しません。人間は年齢に関係なく発病しますが、ネコと接触することの多い子どもに多発します。季節的には秋から冬にかけて多くみられ、家庭内発生や小流行が起こる場合もあります。

ネコひっかき病はヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、カナダなど世界各地でみられます。

ネコひっかき病の原因

ネコひっかき病の原因は、ある種の病原微生物がネコを媒介にして、人に感染して起こる病気です。病原微生物はロカリマと呼ばれる細菌と推定されています。原因となる病原微生物は、ネコがひっかいたりかんだりした傷口から人の体内に入ります。

大人にも感染しますが、子どもはネコと接触することが多く、扱い方がよくわからずに攻撃を受けやすいため、大人よりも多く起こると考えられます。

ネコひっかき病の症状

ネコひっかき病の症状は、ネコにひっかかれたり、かまれてから3~7日間の潜伏期間(感染してから症状があらわれるまでの期間)のあと、傷あとが赤くはれてきます。

はれがあらわれてから少し遅れて、傷あとに近いところのリンパ節がはれてきます。ネコに傷つけられる部位は手が多いため、主にひじ、わきの下、首のリンパ節がはれて1~5cmほどの大きさにふくらみ、押すと痛みを感じます。

ひっかき傷の部分に赤紫色の発疹や小さい水疱ができ、化膿したり、小さい潰瘍になることがありますが、自然に治ります。

ネコひっかき病が起きた人の3人に1人程度の割合で発熱、倦怠感などの症状があらわれ、2人に1人程度の割合でリンパ節の化膿が起こります。

リンパ節のはれは2~4か月続いたあと、自然におさまります。ときには半年から1年にわたってはれが続いたり、化膿して破れる場合もみられます。

特殊な病型として、まれに眼リンパ節や扁桃腺がはれたり、脳膜脳炎を起こすことがありますが、後遺症を生じないで治ります。

ネコひっかき病の検査

ネコひっかき病の検査については、ネコにひっかかれたり、かまれたりしたという説明と症状から、ネコひっかき病と診断がつきます。

ネコひっかき病の治療

ネコひっかき病の治療は、抗生物質のストレプトマイシン、テトラサイクリンが有効です。早めに治療すれば、化膿も防げます。

リンパ節のはれには冷湿布などが用いられます。

ネコひっかき病の関連記事・トピック

現在、ネコひっかき病に関連する記事やトピックはありません。

スポンサードリンク
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

ネコひっかき病(ねこひっかきびょう)
ネコひっかき病の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
熱性けいれん(ねつせいけいれん)
熱性けいれんの症状、原因、検査、治療、合併症、予防
ネフローゼ症候群(ねふろーぜしょうこうぐん)
ネフローゼ症候群の症状、原因、検査、治療、合併症、予防

家庭の医学辞典

このサイトを購読する

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録