乳児寄生菌性紅斑(にゅうじきせいきんせいこうはん)

乳児寄生菌性紅斑とは、かびの一種であるカンジダ菌が、おむつ部分の皮膚に感染して起こります。

乳児寄生菌性紅斑(にゅうじきせいきんせいこうはん)

乳児寄生菌性紅斑とは、かびの一種であるカンジダ菌が、おむつ部分の皮膚に感染して起こります。ほとんどの場合、おむつ皮膚炎からはじまり、その治療を誤ると、乳児寄生菌性紅斑となります。

乳児寄生菌性紅斑の症状

乳児寄生菌性紅斑の症状は、鼠径部、太もものくびれ、お尻の割れ目など皮膚がこすれ合う部位に、赤いブツブツが点々とできます。湿疹やかぶれの治療薬を塗っても効果がなく、一層赤くなり、同時に縁にオブラート状のかさぶたがついて皮膚が膜状にむけたり、周辺に衛星病変と呼ばれる小さな紅斑や膿疱ができたりします。

乳児寄生菌性紅斑の原因

乳児寄生菌性紅斑の原因は、かびの一種であるカンジダ菌が、鼠径部や太もものくびれ、お尻の割れ目などおむつを当てる部分に感染することで起こります。

乳児寄生菌性紅斑の検査

乳児寄生菌性紅斑の検査は、おむつ皮膚炎にカンジダ菌が二次感染を起こした場合、症状がほとんど同じなので、おむつ皮膚炎との区別が必要になります。この場合は真菌学的検査を行なって診断します。

乳児寄生菌性紅斑の治療

乳児寄生菌性紅斑の治療は、的確に治療すれば治りやすい病気です。おむつ交換のたびに局所を清潔にしたあと、抗カンジダ剤軟膏を塗ると、1~2週間で治ります。さらに1週間くらい続けて使うと、ほとんど完治します。初期のうちなら、清潔にするだけでも治ります。

紙おむつの普及で減った病気ですが、局所を清潔にしておくことが大切です。積極的に入浴させ、石鹸を使ってよく洗うようにしましょう。

乳児寄生菌性紅斑の関連記事・トピック

現在、乳児寄生菌性紅斑に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

乳児肥厚性幽門狭窄症(にゅうじひこうせいゆうもんきょうさくしょう)
乳児肥厚性幽門狭窄症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
尿道狭窄症(にょうどうきょうさくしょう)
尿道狭窄症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
乳腺線維腺腫(にゅうせんせんいせんしゅ)
乳腺線維腺腫の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
尿毒症(にょうどくしょう)
尿毒症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
尿失禁(にょうしっきん)
尿失禁の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
乳児寄生菌性紅斑(にゅうじきせいきんせいこうはん)
乳児寄生菌性紅斑の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
尿道下裂(にょうどうかれつ)
尿道下裂の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)
乳糖不耐症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
乳漏症(にゅうろうしょう)
乳漏症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
尿道炎(にょうどうえん)
尿道炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防