無症候性心筋虚血(むしょうこうせいしんきんきょけつ)

心臓の筋肉への血流が不足し、心筋が酸素不足になって働きが障害される心臓病です。

無症候性心筋虚血(むしょうこうせいしんきんきょけつ)

無症候性心筋虚血とは、心臓の筋肉(心筋)への血流が不足(虚血)し、心筋が酸素不足になって働きが障害される心臓病を、総称して虚血性心疾患といいます。そのなかで、心筋が酸素不足になっているのに胸痛などの症状があらわれない状態が、無症候性心筋虚血です。明らかに心筋梗塞をもちながら、これまでまったく胸痛発作を自覚していない無痛性心筋梗塞も、これに含まれます。近年、このような例が少なくないことがわかり、注目されるようになってきました。

まったく症状がないため、高血圧症や糖尿病などの治療中や健康診断などで発見されたり、心筋梗塞のあとや狭心症の治療で症状がなくなったあとに確認されることがほとんどです。

無症候性心筋虚血の原因

無症候性心筋虚血の原因は、狭心症と同様、冠動脈硬化や一過性のけいれんによって冠動脈に狭窄が生じることが原因です。虚血が起こっているのに、なぜ症状が出ないのかは、解明されていません。虚血が軽いため、あるいは痛みを感じる神経系に問題があるためではないかと考えられています。

無症候性心筋虚血の検査

無症候性心筋虚血の検査は、心電図をとり、虚血を確認します。安静時の心電図は正常であることが多いため、運動によって心筋の仕事量をふやす運動負荷試験などで調べます。ただし、ほかの疾患でも虚血とまぎらわしい結果が出ることがあるので、心電図だけでは不十分です。超音波や放射性物質を用いた検査、大腿部や腕の血管から細い管を挿入して行なう冠動脈造影検査などの精密検査が必要です。

無症候性心筋虚血の治療

無症候性心筋虚血の治療については、基本的には狭心症と同じです。虚血の程度が軽い場合は薬物療法が行なわれます。重い場合は、症状がなくても外科療法が必要になることがあります。先端に風船がついた管を冠動脈に挿入して狭窄部を広げる経皮的冠動脈形成術、自分の静脈や動脈で大動脈と冠動脈をつなぐ冠動脈バイパス術などです。

無症候性心筋虚血の予防

無症候性心筋虚血の予防は、たとえ無症状でも虚血があれば、胸痛がある場合と同様に、のちに心筋梗塞や突然死などを起こす危険があります。症状がないからといって安心はできません。とくに心筋梗塞にかかったあとや、冠動脈の狭窄が高度な場合には注意が必要です。むしろ症状がないために、かえって危ないこともあります。

無症候性心筋虚血の予防には、動脈硬化を促進する危険因子を生活のなかから排除することが大切です。過労にならないように睡眠を十分にとり、ストレスをためないようにします。バランスのとれた規則正しい食事と適度な運動を心がけ、アルコールやコーヒーの飲みすぎを慎み、禁煙します。

高血圧症や高脂血症、糖尿病などのある人は、冠動脈硬化が進みやすいので、定期的に検査して早期発見に努めましょう。

無症候性心筋虚血の関連記事・トピック

現在、無症候性心筋虚血に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

ムコ多糖体代謝異常(むこたとうたいたいしゃいじょう)
ムコ多糖体代謝異常の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
無症候性心筋虚血(むしょうこうせいしんきんきょけつ)
無症候性心筋虚血の症状、原因、検査、治療、合併症、予防