3月14日 18:18





慢性咽頭炎の症状としては、咽頭に不快感があり、せきばらいすると、のどにしみるような刺激を感じます。
ムコ多糖体代謝異常とは、ムコ多糖体が異常に蓄積する進行性の遺伝性疾患を総称していいます。
マロリー・ワイス症候群とは、嘔吐のあとに食道と胃の接合部、噴門粘膜が裂けて大量に吐血する病気です。
慢性甲状腺炎とは、甲状腺ホルモンの産生が低下して起こる病気です。
慢性疲労症候群の症状は、疲れやすい、だるい、からだが重い、集中力の低下、頭痛、咽頭痛、リンパ節のはれと痛み、筋肉痛、発熱などです。
新生児にはない異常な新生血管ができ、出血や混濁を起こします。
メッケル憩室は、回腸の回盲部から1m以内に発生する先天性の憩室です。
慢性鼻炎とは、鼻腔粘膜が慢性的にはれあがる病気です。
もやもや病とは、日本人に多い脳血管の病気で、10歳未満の小児から若年者に比較的多くみられます。
網膜剥離の症状は、剥離した部分の視野が、視野欠損といって見えなくなります。