手足口病(てあしくちびょう)

病名:手足口病(てあしくちびょう)
初診に適した科: 小児科

手足口病は子どもの手のひら、足の裏、口の中などに、発疹や水疱があらわれる病気です。乳児から就学前の子どもに多く起こり、夏に多くみられます。基本的に数日で治ります。

手足口病の原因

手足口病の原因は、コクサッキーウイルス、エンテロウイルスなどの腸内ウイルスの感染とされています。これらのウイルスは飛沫感染します。感染している人の唾液が会話やくしゃみ、せきをしたさいに飛び散り、ほかの人ののどや鼻の粘膜に付着するなど、さまざまな経路で口に入って感染する経口感染によって伝染します。

また、流行期に感染しても発病しないで、本人が気づかないうちに免疫ができてしまう不顕性感染も多くみられます。

手足口病の症状

手足口病の症状は、ウイルスに感染してから、症状があらわれるまで3~5日かかります。

手のひらや手の指の側面、足の裏、かかと、足の親指の側面、口の中などに、水疱がまばらに現れます。発疹の大きさは米粒大から小豆大ほどで、赤く縁どられています。痛みやかゆみは特にありません。

口の中にできる水疱は短時間で破れますが、手足の水疱は破れません。2~3日すると、水疱液が吸収されて、色は紅色からあめ色へと変わりながら斑点になり、やがて消えます。

おしり、ひざの関節の外側、足の甲などに、汗疹に似た発疹が出る場合がありますが、数日で消えます。

口の中の水疱は、唇の内側、頬の内側、舌、軟口蓋などに1~2個現われます。口の中の水疱はすぐに破れて潰瘍になります。この潰瘍は、直径5~6mmの大きさで、赤く縁どられた楕円形をしています。潰瘍はものを食べるときに痛むため、食事を嫌がったりする様子から、母親が発病に気づく場合があります。

約2割の割合で、38℃前後の発熱がみられますが、3日以内で下がります。発疹は5~7日以内に自然に消えて治ります。

手足口病の検査・診断

手足口病の検査・診断については、発疹の特徴などから手足口病の診断がつきます。

手足口病の治療

手足口病の治療については、コクサッキーウイルスやエンテロウイルスに有効な薬剤がないため、症状に応じて対症療法が行なわれます。口内の水疱が潰瘍となって痛みが激しい場合は、痛み止めの塗り薬が用いられます。熱が高い場合、解熱剤を使うことがあります。

食事のさい、口の中の痛みが軽くなるように食べ物は味を薄くし、冷たくしたり、やわらかいものにします。

手足口病の予防

手足口病の予防については、手足口病の原因となるコクサッキーウイルスやエンテロウイルスは、さまざまな経路で口に入って感染する経口感染によって伝染します。

しかし、感染しても発病しないで、本人が気づかないうちに免疫ができてしまう不顕性感染も多くみられます。そのため、不顕性感染者を介しての感染を防ぐのはむずかしいため、発病した子どもを隔離しても、予防効果はあまり期待できません。

また、予防ワクチンはありません。

手足口病の関連記事・トピック

現在、手足口病に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

インフルエンザ
インフルエンザの症状、原因、検査、治療、合併症、予防
突発性発疹(とっぱつせいほっしん)
突発性発疹の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
気管支炎(きかんしえん)
気管支炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
手足口病(てあしくちびょう)
手足口病の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
麻疹(はしか)
麻疹(はしか)の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
百日ぜき(ひゃくにちぜき)
百日ぜきの症状、原因、検査、治療、合併症、予防
尿路感染症(にょうろかんせんしょう)
尿路感染症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
ヘルパンギーナ
ヘルパンギーナの症状、原因、検査、治療、合併症、予防
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん))
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)の症状、原因、検査、治療、合併症、予防

コメントする