ヘルパンギーナ

病名:ヘルパンギーナ
初診に適した科: 小児科

ウイルスの感染による夏かぜの一種です。乳幼児が夏に多くかかる病気で、潜伏期は2~7日です。突然の高熱で発症し、のどが痛くなり、不きげんで食欲低下を伴います。発熱初期に熱性けいれんを起こすこともあります。

ヘルパンギーナは、のどに特徴的な粘膜疹があらわれる病気で、かぜ症候群の原因にもなるコクサッキーウイルスやエコーウイルスの感染によって起こります。5歳までの乳幼児が90%で、晩春から夏季にかけて多く起こります。

ヘルパンギーナの原因

ヘルパンギーナの原因は、コクサッキーウイルスやエコーウイルスの感染が原因で、感染者の唾液が会話やくしゃみ、せきをしたさいに飛び散り、他の人ののどや鼻の粘膜に付着して感染する飛沫感染か、便に混じって排泄され、いろいろな経路でほかの人の口に入って感染する経口感染によって伝染します。

ヘルパンギーナの症状

ヘルパンギーナの症状については、ウイルス感染から、ヘルパンギーナの症状があらわれるまでおおよそ3~5日で、39℃前後の高熱がでて、のどの痛みをともないます。食べ物をのみ込むときに痛むため、食事をいやがったり、不機嫌になったりします。

のどを見ると、上あごの中央から奥にかけての粘膜に、紅色の粘膜疹や灰白色の小さい水疱や水疱が破れて潰瘍になったものがみられます。水疱の大きさは直径2mm程度で、皮膚には、粘膜疹や水疱などはあらわれません。

その他の症状としては、嘔吐や下痢などの胃腸症状があらわれることもあります。年長児の場合、腹痛や頭痛もあります。

通常、発熱は1~4日続いたあとに下がります。粘膜疹や潰瘍などによる痛みは4~6日で消え、だいたい1週間ほどで治ります。

ヘルパンギーナの検査

ヘルパンギーナの検査については、のどの粘膜疹の特徴や、皮膚には発疹などがあらわれない症状などからヘルパンギーナと診断がつきます。

ヘルパンギーナの治療

ヘルパンギーナの治療については、ウイルスに有効な薬剤はなく、特別な治療を行なう必要もありませんが、解熱剤が用いられることがあります。

食事のさい、口の中の痛みが軽減するようにに、食べ物は味を薄くしたり、冷たくしたり、流動食ややわらかいものにします。

高熱と食事をとらないために脱水症状が起こる心配があるので、十分に水分をとるように注意しましょう。脱水症状を起こした場合、静脈の点滴注射により輸液を行なうことがあります。

ヘルパンギーナの予防

ヘルパンギーナの予防については、原因となるコクサッキーウイルスとエコーウイルスは、飛沫感染と経口感染によって伝染します。予防ワクチンはありませんが、かぜ症候群と同様、かぜが流行しているときは外出を避けることが予防につながります。

ヘルパンギーナの関連記事・トピック

現在、ヘルパンギーナに関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

インフルエンザ
インフルエンザの症状、原因、検査、治療、合併症、予防
突発性発疹(とっぱつせいほっしん)
突発性発疹の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
気管支炎(きかんしえん)
気管支炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
手足口病(てあしくちびょう)
手足口病の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
麻疹(はしか)
麻疹(はしか)の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
百日ぜき(ひゃくにちぜき)
百日ぜきの症状、原因、検査、治療、合併症、予防
尿路感染症(にょうろかんせんしょう)
尿路感染症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
ヘルパンギーナ
ヘルパンギーナの症状、原因、検査、治療、合併症、予防
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん))
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)の症状、原因、検査、治療、合併症、予防

コメントする