加齢臭とはどんな臭いのことなのでしうか?また、加齢臭の原因は何なのでしょうか?
加齢臭とは、中年のおじさんやおばさんから出ている独特の臭いの事を一般的に言います。
しかし、最近は若い人からも加齢臭が出るといわれています。
加齢臭は男性だけの病気(問題)と思われがちですが、女性にも加齢臭はもちろん存在するのです。
40歳を過ぎるころから男女関係なく加齢臭が発生します。
加齢臭の原因となるのは、「ノネナール」という成分だとされています。このノネナールを減らすことで加齢臭を防ぐ事が可能となります。
加齢臭は予防や対策をしっかりすれば、臭いを抑えることが出来るのです。

加齢臭の基本と原因の最近のブログ記事

加齢臭が最近話題になっていますが、本来日本人は欧米人に比べて体臭があまり無いといわれていました。その理由としては、食生活にありました。日本人は昔から、脂肪分が少ない食物や、野菜などの植物食品が中心の食生活だったため、体臭があまり発生させなかったようです。

しかしながら、近年における日本人の食生活の変化により、日本の食生活は高たんぱく質や高脂肪である、肉製品や乳製品などの動物性で脂肪過多な食生活に変化して行きました。そのため、欧米人と同じように加齢臭(体臭)が発生するようになったことが分かっています。

加齢臭の匂いの原因物質を、某化粧品メーカーが解明しました。その結果、匂いの成分とは、男女とも関係なく40代以上の中年の人たちから検出される特有の体臭成分である、ネナールという不飽和アルデヒド(有機化合物)の一種であることが分かりました。

このネナールという成分は、若い人たちからは検出されないことから、加齢臭の原因であるといわれています。