高血圧性網膜症(こうけつあつせいもうまくしょう)

高血圧性網膜症とは、血圧が高くなり、その影響が網膜の動脈に影響し、さまざまな病変を引き起こす病気です。

高血圧性網膜症(こうけつあつせいもうまくしょう)

高血圧性網膜症とは、高血圧性眼底とも呼ばれ、血圧が高くなり、その影響が網膜の動脈に影響し、その結果、さまざまな病変を引き起こす病気です。

高血圧性網膜症の症状

高血圧性網膜症の症状としては、血圧が高くなりその影響が網膜の動脈に及びます。網膜の出血や綿のかたまりのような白い斑点が出る綿花様白斑など、色んな病変が起こります。高血圧性網膜症で最もよくみられる変化としては、動脈のところどころが細くなり、あるいは全体が細くなったりするものです。この理由は動脈がけいれんしているために起こります。

さらに症状が進むと、網膜の出血や綿花様白斑、浮腫による濁りなどがあらわれ、これらの変化が眼底中心部に起こると視力が低下します。とくに綿花様白斑は高血圧性網膜症が進んだことを示す最も重要な変化で、病状が悪化すると眼底のほぼ中央にあって網膜の神経と血管が集中している視神経乳頭がはれ上がる乳頭浮腫となります。

高血圧性網膜症の検査

高血圧性網膜症の検査としては、眼底検査により高血圧の程度が診断されます。

高血圧性網膜症の治療

高血圧性網膜症の治療としては、高血圧の治療がこの病気の治療になり、内科で検査と治療を受けて下さい。

高血圧性網膜症の予防

高血圧性網膜症の予防としては、高血圧症を治療する食事療法をはじめ、そのための日常生活の注意を守ってください。

また、からだに何も異常を感じなくても、中年になったら毎年、健康診断を受けましょう。

高血圧性網膜症の関連記事・トピック

現在、高血圧性網膜症に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

高血圧性網膜症(こうけつあつせいもうまくしょう)
高血圧性網膜症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
吸収不良症候群(きゅうしゅうふりょうしょうこうぐん)
吸収不良症候群の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
骨肉腫(こつにくしゅ)
骨肉腫の症状、原因、検査、治療、合併症、予防