月経過少症(げっけいかしょうしょう)

月経周期は正常にもかかわらず、出血量がかなり少ない状態をいいます。

月経過少症(げっけいかしょうしょう)

月経過少症とは、月経周期は正常にもかかわらず、出血量がかなり少ない状態をいいます。出血は1日と続かず、おりもの程度のこともあります。

月経過少症の原因

月経過少症の原因としては、卵巣ホルモンに対する子宮内膜の反応が低下している状態で、器質性の場合と機能性の場合があります。

器質性月経過少症は子宮内膜掻爬などによる子宮内膜の萎縮、子宮内腔の癒着などが原因で起こることが多いものです。また、結核菌の感染による結核性子宮内膜症が原因のこともあります。

機能性月経過少症の原因は、無排卵周期症、黄体機能不全症、子宮発育不全などがあげられますが、検査をしても原因不明のこともあります。

出産後や更年期に、一時的に月経過少症の状態がみられることもあります。

月経過少症の検査

月経過少症の検査は、基礎体温の測定や妊娠反応などを行います。不正性器出血や妊娠中の出血と区別する必要があります。

月経過少症の治療

月経過少症の治療は、器質性月経過少症には、手術またはホルモン療法が行なわれます。結核菌の感染が原因の場合は抗結核剤も使用されます。

機能性月経過少症の場合には、エストロゲンとゲスターゲンを周期的に使用するカウフマン療法が行なわれることもありますが、治療の必要がないこともあります。

月経過少症の関連記事・トピック

現在、月経過少症に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

月経過少症(げっけいかしょうしょう)
月経過少症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
月経前緊張症(げっけいぜんきんちょうしょう)
月経前緊張症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
結膜下出血(けつまくかしゅっけつ)
結膜下出血の症状、原因、検査、治療、合併症、予防