緊張型頭痛(きんちょうがたずつう)筋緊張性頭痛

緊張型頭痛とは、精神的なストレス、過労、不眠、天候の変化を原因とする頭痛である。

緊張型頭痛(きんちょうがたずつう)筋緊張性頭痛

緊張型頭痛とは、30歳~50歳代に多い慢性頭痛のひとつです。

頭痛には、いろいろなタイプがあります。一過性の頭痛、症状にあった薬を飲めば治る慢性頭痛、脳卒中や脳腫瘍などの病気にともなってあらわれる頭痛があります。

緊張型頭痛の原因

緊張型頭痛の原因として考えられるのは、精神的なストレス、過労、不眠、天候の変化がきっかけと思われます。また、コンピューターのオペレーターなどのように不自然な姿勢を常にとる仕事が誘因で起こることもあります。

直接の原因としては考えられているのは、首や肩の筋肉が緊張することや、頸椎の変形などがあげられています。

緊張型頭痛の症状

緊張型頭痛の症状については、後頭部から首の後が鈍く痛み、頭が全体的に締め付けられるような感覚があります。通常、首の筋肉の緊張、肩こりを伴います。

緊張型頭痛の検査

緊張型頭痛の検査については、症状から推定できます。ただし、脳波、脳のX線CT、MRIなどの詳しい検査を行い、脳腫瘍等の他の病気がないことを確かめたり、頸椎の異常がないかどうか調べることも必要です。

緊張型頭痛の治療

緊張型頭痛の治療については、鎮痛薬のほかに、精神安定剤、筋肉の緊張をやわらげる筋弛緩薬などが状況に応じて使用されます。

緊張型頭痛の予防

緊張型頭痛の予防に関しては、疲労を感じたら十分に休憩すること、又は軽い運動をして体をほぐすこと、よく眠ることなどが緊張型頭痛の予防になります。

緊張型頭痛の関連記事・トピック

現在、緊張型頭痛に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

緊張型頭痛(きんちょうがたずつう)筋緊張性頭痛
緊張型頭痛の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
起立性たんぱく尿(きりつせいたんぱくにょう)
起立性たんぱく尿の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
急性扁桃炎(きゅうせいへんとうえん)
急性扁桃炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
急性脳症(きゅうせいのうしょう)
急性脳症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
虚血性大腸炎(きょけつせいだいちょうえん)
虚血性大腸炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
急性気管支炎(きゅうせいきかんしえん)
急性気管支炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防