虚血性大腸炎(きょけつせいだいちょうえん)

大腸への血行障害が原因で、障害が起こった部位に潰瘍や炎症が起こる病気です。

虚血性大腸炎(きょけつせいだいちょうえん)

 虚血性大腸炎とは、大腸への血行障害が原因で、障害が起こった部位に潰瘍や炎症が起こる病気です。下行結腸やS状結腸など大腸の左半分に多くみられます。

虚血性大腸炎の症状

虚血性大腸炎の症状は、急に下腹が痛み、血液の混じった下痢、下血がつづきます。吐き気をともなったり、熱がでることもあります。

大部分は症状が数日でおさまり、自然に治ってしまう一過性型か、腸管が少し細くなる程度で治る軽い狭窄型です。血行が完全に遮断され、腸の一部が壊死に陥る壊死型はごくまれです。

虚血性大腸炎の原因

虚血性大腸炎の原因は、大腸の腸間膜動脈に狭窄(内腔が狭くなること)が起きたり、血栓(血のかたまり)がつまって、血流が減少するために起こるとされています。

高血圧症、動脈硬化症、狭心症、心筋梗塞、不整脈、糖尿病などにかかっていて、血行障害の起きやすい人に多くみられます。しかし最近では、若い健康的な人たちにも突然、似たような病気が起こることがわかってきたことから、本当に腸の血行障害が起きているのか不明となりつつあります。

虚血性大腸炎の検査

虚血性大腸炎の検査は、動脈硬化や心臓病、糖尿病などにかかっている高齢者にこれらの症状があらわれた場合、診断は比較的容易です。

X線造影や内視鏡検査で、特徴的な潰瘍や炎症、細胞などが確認されれば診断が確定します。

虚血性大腸炎の治療

虚血性大腸炎の治療は、多くの場合、自然に治ります。しかし、症状が強い場合は入院して、絶食して栄養剤の点滴静脈注射などの治療を行ないます。大部分は数日で症状が軽快します。

重症の場合は細菌感染を予防するために抗生物質が用いられることがあります。また、腸管の狭窄の程度が大きく、腸閉塞の症状があらわれた場合や、壊死型の場合は、大腸の一部を切除する手術を行なうことがあります。

虚血性大腸炎の関連記事・トピック

現在、虚血性大腸炎に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

緊張型頭痛(きんちょうがたずつう)筋緊張性頭痛
緊張型頭痛の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
起立性たんぱく尿(きりつせいたんぱくにょう)
起立性たんぱく尿の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
急性扁桃炎(きゅうせいへんとうえん)
急性扁桃炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
急性脳症(きゅうせいのうしょう)
急性脳症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
虚血性大腸炎(きょけつせいだいちょうえん)
虚血性大腸炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
急性気管支炎(きゅうせいきかんしえん)
急性気管支炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防