急性扁桃炎(きゅうせいへんとうえん)

急性扁桃炎とは、扁桃、とくに口蓋扁桃に起こる炎症です。

急性扁桃炎(きゅうせいへんとうえん)

急性扁桃炎とは、扁桃、とくに口蓋扁桃に起こる炎症です。

急性扁桃炎の症状

急性扁桃炎の症状は、寒気や発熱(38~40℃)、からだのだるさ、手足のふしぶしの痛みといったかぜの諸症状に加え、咽頭部が赤くはれて、ひどく痛みます。食べ物などを飲み込むことがつらく、無理に飲み込もうとすると耳まで痛みが響いたりします。

炎症が喉頭にまで及ぶと呼吸困難を起こすことがあるので、注意を要します。

急性扁桃炎の原因

急性扁桃炎の原因は、原因となる細菌は、溶血性連鎖球菌(溶連菌)、ぶどう球菌、肺炎菌などさまざまですが、抗生物質が一般化した現在、細菌を特定できないこともあります。

かぜをひいたとき、季節の変わりめ、過労や疲労時、口蓋扁桃に細菌が侵入したとき、女性では月経時に起こったりします。

急性扁桃炎の合併症

急性扁桃炎の合併症は、扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍などがあります。全身の疾患としては急性糸球体腎炎、心内膜炎、関節炎などがあります。

急性扁桃炎の検査

急性扁桃炎の検査は、すぐに耳鼻咽喉科の診察を受ける必要があります。口蓋扁桃が赤くはれ、扁桃の凹凸の凹部に灰色の膿がついていれば、急性扁桃炎と判断されます。

また細菌を特定するための検査が行なわれます。これは最適な抗生物質を選ぶためのものです。また類似症状の病気(単核細胞性アンギーナ)と区別するために、血液を採取し、白血球の数や肝機能を調べます。

急性扁桃炎の治療

急性扁桃炎の治療は、合併症の可能性がある場合は、早めに医師の指示を受ける必要があります。治療としては抗生物質の投与が中心となりますが、小児の場合は安静にして、うがいをよくし、栄養価が高くて飲み込みやすいものをとるようにします。また、症状が重いときは消炎症剤を使用することもあります。

急性扁桃炎の関連記事・トピック

現在、急性扁桃炎に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

緊張型頭痛(きんちょうがたずつう)筋緊張性頭痛
緊張型頭痛の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
起立性たんぱく尿(きりつせいたんぱくにょう)
起立性たんぱく尿の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
急性扁桃炎(きゅうせいへんとうえん)
急性扁桃炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
急性脳症(きゅうせいのうしょう)
急性脳症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
虚血性大腸炎(きょけつせいだいちょうえん)
虚血性大腸炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
急性気管支炎(きゅうせいきかんしえん)
急性気管支炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防