百日ぜき(ひゃくにちぜき)

百日ぜき菌という細菌が呼吸器に感染して起こります。

百日ぜき(ひゃくにちぜき) 

百日ぜきは、特徴的なせき発作を長い間繰り返す病気で、百日ぜき菌という細菌が呼吸器に感染して起こります。

3歳までの乳幼児に多くみられ、一度かかると免疫ができるため、二度とかかりません。しかし、母親から免疫を受け継がないため、新生児に発症する場合もあります。生後5か月以下の新生児が百日ぜき菌に感染すると、重症に陥ることがあります。

百日ぜきは学校保健法により学校伝染病に指定されています。

百日ぜきの症状

百日ぜきの症状は、百日ぜき菌に感染してから、症状があらわれるまで1週間程度かかります。合併症がなければ、微熱程度で発熱はなく、せきが起きなければ、健康時と変わらないのが特徴です。症状の経過はカタル期、痙咳期、回復期に分かれます。

最初のカタル期には、かぜ症候群に似た鼻水、くしゃみ、せき、微熱などの症状が起こり、1~2週間続きます。せきは夜でることが多く、徐々に激しくなります。

痙咳期に入ると、激しいせきが連続します。コンコンと短い爆発的なせきが10~15回続いたあと、息を深く吸い込み、このときヒューという笛のような音がします。これはレプリーゼという特徴的な現象です。

せきの発作のとき、乳幼児は息が吸えないために苦しんだり、顔が赤くなり、唇が紫色になったり、目が充血したり嘔吐する場合もあります。寝ているときに発作があらわれると、起き上がって前こごみになって苦しみます。

年長児の場合は、せき発作を数回繰り返したあと、粘りけのある透明なたんを出して、落ち着いた状態に戻ります。乳児では、せきのあとレプリーゼ現象があらわれないで、呼吸が止まり、けいれんを起こす場合があります。

1回の発作は2~3分で、1日に数回起こる場合もあります。夜間に多くあらわれるため、睡眠不足に陥ることもあります。

痙咳期は4~6週間続き、回復期に入るとせきが少しずつ減り、2~3週間で消えます。 

百日ぜきの原因

百日ぜきの原因は、百日ぜき菌という細菌が呼吸器に感染することにより起こります。

百日ぜき菌は、飛沫感染といって、感染している人の唾液が会話やくしゃみ、せきをしたさいに飛び散り、ほかの人ののどや鼻の粘膜に付着して、免疫のない人の場合に感染します。 

百日ぜきの合併症

百日ぜきの合併症は、中耳炎、肺炎、気管支炎を合併することがあります。脳炎を併発することが、ごくまれにみられます。

百日ぜきではふつう発熱はないので、発熱があった場合は合併症が疑われます。 

百日ぜきの検査

百日ぜきの検査の多くは、症状と患者の様子などで、百日ぜきと診断がつきます。 

百日ぜきの治療

百日ぜきの治療には、抗生物質が有効です。症状に応じて、せき止めの薬や気管を拡張する薬が用いられることがあります。

家庭看護ではまず保温と安静が必要です。室内の気温は20℃ぐらいに保ち、変化させないようにします。十分に加湿し、ときどき換気します。ほこりをたてないようにし、患者のいる部屋は禁煙にします。

食事は、腹いっぱいになるとせきがでやすいため、少量ずつ回数を多くして与えます。また粉っぽい食べ物は避けます。 

合併症がなく、せきだけが残っている場合は、寝かせておく必要はありません。ほかの子どもへの感染の心配がなければ、戸外に出てもかまいません。新鮮な空気にふれるのは、治療にとって好ましいことです。

百日ぜきの予防

百日ぜきの予防は、ジフテリア百日ぜき破傷風混合ワクチン(DPTワクチン)は、発病を予防する効果が90%以上あります。このワクチンは生後3か月から12か月の間に、3~8週間の間隔を置いて3回接種したあと、6か月以上の間隔を置いて、追加免疫として1回接種します。 

百日ぜきの関連記事・トピック

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080520-00000021-maiall-soci

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

病巣扁桃(びょうそうへんとう)
病巣扁桃の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
百日ぜき(ひゃくにちぜき)
百日ぜきの症状、原因、検査、治療、合併症、予防
ヒトアジュバンド病(ひとあじゅばんどびょう)
ヒトアジュバンド病の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
ヒスチジン血症(ひすちじんけっしょう)
ヒスチジン血症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防