ヒトアジュバンド病(ひとあじゅばんどびょう)

ヒトアジュバンド病は、豊胸術、隆鼻術のために、シリコンパックによる充填術を受けた人に起こります。

ヒトアジュバンド病(ひとあじゅばんどびょう)

ヒトアジュバンド病とは、美容整形を目的として豊胸術、隆鼻術などを行ない、異物を体内に入れたために、強皮症、全身性エリテマトーデス、慢性関節リウマチなどの膠原病に似た症状を起こす病気です。近年は、形成術が進歩したため、発症が少なくなっています。

ヒトアジュバンド病の症状

ヒトアジュバンド病の症状は、手指の皮膚がはれて強皮症のようになったり、目や口の渇きを感じたり、慢性関節リウマチのように関節が痛み、骨の変形、癒着が起こったりします。

ヒトアジュバンド病の原因

ヒトアジュバンド病の原因は、豊胸術、隆鼻術のために、シリコンパックによる充填術を受けた人に起こります。手術後数年以上経ってから症状があらわれたため、1970年以降にみられました。パラフィン系、シリコン系の異物を入れたことで免疫反応が強まりすぎて自己抗体ができ、免疫異常の膠原病のような症状が起こると考えられています。

ヒトアジュバンド病の検査

ヒトアジュバンド病の検査は、血液検査で、免疫異状を示す抗核抗体、リウマトイド因子(リウマチ反応)、抗DNA抗体などがみられます。豊胸術などを行なったことがあるかどうかで、診断が下されます。

ヒトアジュバンド病の治療

ヒトアジュバンド病の治療は、初期であれば、充填注入した異物を取り出せば治ることもあります。骨の変形など組織の変化まで進んでいる場合は、非ステロイド性抗炎症剤、副腎皮質ホルモン(ステロイド)剤を使用し、膠原病に準じた治療が行なわれます。

ヒトアジュバンド病の関連記事・トピック

現在、ヒトアジュバンド病に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

病巣扁桃(びょうそうへんとう)
病巣扁桃の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
百日ぜき(ひゃくにちぜき)
百日ぜきの症状、原因、検査、治療、合併症、予防
ヒトアジュバンド病(ひとあじゅばんどびょう)
ヒトアジュバンド病の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
ヒスチジン血症(ひすちじんけっしょう)
ヒスチジン血症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防