扁桃肥大(へんとうひだい)

扁桃肥大とは、扁桃が肥大してふつうより大きくなったものをいいます。

扁桃肥大(へんとうひだい)

扁桃肥大とは、扁桃が肥大してふつうより大きくなったものをいいます。口蓋扁桃の肥大や咽頭扁桃の肥大がありますが、単に扁桃肥大というときは口蓋扁桃の肥大のことを指します。一般に子どもの病気ですが、慢性化すると大人にもみられます。

扁桃肥大の症状

扁桃肥大の症状は、呼吸が十分でなかったり、食べ物が飲み込めない、いびきがはげしい、体の発育が遅いなど、いろいろな症状がみられます。眠っているときに、一時的に呼吸ができなくなる睡眠時無呼吸症候群の原因になることもあります。

扁桃肥大の原因

扁桃肥大の原因は、口蓋扁桃は3歳ぐらいから大きくなり、6~7歳で最大となります。その後、成人になるとともに萎縮するのが通常です。肥大の程度は3段階に分けられますが、基本的には摘出を避けるのがふつうです。原因としては、肥大しやすい体質が考えられます。また、扁桃炎の慢性化や副鼻腔炎などによる後鼻漏[こうびろう]の影響も指摘されています。

扁桃肥大の合併症

扁桃肥大の合併症は、アデノイド増殖症をよく併発します。

扁桃肥大の検査

睡眠時無呼吸症候群では夜間の呼吸、血圧、血液ガスなどを総合的に調べます(ポリソムノグラフィー)。

扁桃肥大の治療

扁桃肥大の治療は、口蓋扁桃は、子どものころには免疫抗体をつくる大切な器官なので、基本的には摘出することはありません。しかし、呼吸障害がひどかったり、急性腎炎などを併発するおそれがある場合には摘出することもあります。

手術は、口蓋扁桃をそっくり摘出する扁桃口蓋手術が行なわれます。

扁桃肥大の生活の注意としては、いびきに気をつけましょう。睡眠時にときどき息が止まるような場合は要注意です。

扁桃肥大の関連記事・トピック

現在、扁桃肥大に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

ベーチェット病(べーちぇっとびょう)
ベーチェット病の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
扁桃肥大(へんとうひだい)
扁桃肥大の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
ペルテス病(ぺるてすびょう)
ペルテス病の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
ヘルペス脳炎(へるぺすのうえん)
ヘルペス脳炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防