バルトリン腺炎(ばるとりんせんえん)

感染の急性期には発赤・腫脹し、激しい痛みがあります。

バルトリン腺炎(ばるとりんせんえん)

バルトリン腺とは、小陰唇の内面にあり、乳白色の粘りけのある分泌物を出して、性交を容易にする働きをもっています。この部位は細菌が侵入しやすく、淋菌や連鎖球菌などが感染して炎症を起こします。

バルトリン腺炎の症状

バルトリン腺炎の症状は、まず開口部に灼熱感、はれ、疼痛が起こり、これらの症状が腺部に広がってバルトリン腺炎となります。その部分がクルミ大に赤くはれ上がり、熱っぽい感じをともなった強い痛みのために歩行困難になります。発熱もみられます。

これが化膿を起こして膿がたまると、大きくはれ上がり、バルトリン腺膿瘍を生じます。自然に破れて症状は急速にやわらぎますが、放置しておくと再発します。

バルトリン腺炎をくり返していると、バルトリン液の排泄口がふさがって中に分泌物がたまり、バルトリン腺嚢胞となります。親指大からクルミ大にふくれてきますが、赤くはれたり、痛んだりはしません。

バルトリン腺炎の原因

バルトリン腺炎の原因となる細菌は淋菌や連鎖球菌、ぶどう球菌、大腸菌などです。菌が腺部に侵入することによって、腺部にはれや灼熱感、疼痛といった症状が起こるのがバルトリン腺炎です。化膿して膿がたまり、大きくはれ上がったものをバルトリン腺膿瘍といいます。

バルトリン腺炎をくり返すことにより、バルトリン液の排泄口がふさがって分泌物がたまり、ふくれ上がったものをバルトリン腺嚢胞といいます。

バルトリン腺炎の治療

バルトリン腺炎の治療は、はれと痛みが軽ければ、抗生物質と非ステロイド性消炎鎮痛剤で治ります。はれや痛みが激しい場合は開窓術が行われます。これは、膿を吸引するか、閉鎖した開口部を切開し、円形の口をつくり、膿を出す方法です。切開後、抗生物質と非ステロイド性消炎鎮痛剤を使用します。

バルトリン腺炎の関連記事・トピック

現在、バルトリン腺炎のに関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

肺動脈狭窄症(はいどうみゃくきょうさくしょう)
肺動脈狭窄症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
馬蹄腎(ばていじん)
馬蹄腎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
反復性臍疝痛(はんぷくせいさいせんつう)反復性腹痛
反復性臍疝痛(反復性腹痛)の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
百日ぜき(ひゃくにちぜき)
百日ぜきの症状、原因、検査、治療、合併症、予防
バルトリン腺炎(ばるとりんせんえん)
バルトリン腺炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
白内障(はくないしょう)
白内障の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
ヒスチジン血症(ひすちじんけっしょう)
ヒスチジン血症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
パーキンソン病(ぱーきんそんびょう)
パーキンソン病の症状、原因、検査、治療、合併症、予防