アルツハイマーとは?初期症状を見過ごさないことが重要!

アルツハイマー病の由来は、1905年にドイツの病理学者アルツハイマーが進行性を伴う記憶障害をもった痴呆患者について報告を初めて行いました。アルツハイマーは一般的に、45歳から65歳に多く発病する大脳の萎縮性疾患で、痴呆に伴う失語、失行、失認がみられます。発症率は高齢になるほど高くなると言われています。

しかし、現在は若年層(18歳から64歳)でもアルツハイマーを発症するケースも多く、年齢を問わず発症する難病と考えられています。

アルツハイマーの初期症状は、自己中心的な行動、頑固で怒りっぽくなるなど、人格に繊細さがなくなるなどの軽度の人格変化、情緒不安、精神不安、抑うつ、睡眠障害、幻視妄想などが現れます。

これらの初期の症状は、周りの家族はもちろん、本人にも自覚症状がありません。又わずかな頭痛、軽いめまいのような、日常的によくある症状は現れます。

このような症状が続くと、やがて不安感に駆られたり、夜眠れなくなることから、うつ病ではないかと勘違いしてしまうケースが多いようです。
アルツハイマーは初期症状に気づき、早い段階から治療に取り組むことで、病状の進行を抑えることができます。

アルツハイマーの初期症状における、患者の日常的な行動としては次のようなものがあります。

  1. 新しいことがなかなか覚えていられない
  2. ふとしたときに友人の名前や電話番号なのが出なくなる
  3. 仕事の段取りが悪くなる
  4. 物をどこに置いたかすぐに忘れる
  5. 家事の段取りが悪くなる
  6. 料理の手順を忘れたり間違える
  7. 同じ道を間違える、すぐに道に迷う
  8. 同じことを何度も尋ねる
  9. 駅で切符が買えない

しかしながら、症状の初期に早期に対応することで進行を抑えるだけでなく、本物のアルツハイマーへの進行を食い止めることができるのです。

アルツハイマー初期症状を見過ごさないことがこの病気ではもっとも重要だといえます。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

アルツハイマー患者の脳内ではさまざまな変化が起こっています。
アルツハイマー患者の脳内で色んな変化が起こっています。医療の著しい進化により、アルツハイマー初期症状で対処できることが多くなりました。
アルツハイマーの症状の段階を知ることが重要です。
アルツハイマーの症状は進行状況に応じて4段階があります。初期症状で適切な治療を受けることが、あなたにもあなたの家族にも重要なことなのです。
アルツハイマーの原因は特定されていないのです。
アルツハイマーの原因は特定されていないため、初期症状を見逃がさず早期治療が進行を防ぐの唯一の予防方です。
アルツハイマーとは?初期症状を見過ごさないことが重要!
アルツハイマーとは?初期症状を見過ごさないことが重要!