アルツハイマー患者の脳内ではさまざまな変化が起こっています。

アルツハイマーの脳内で起こっている変化には下記のようなものが挙げられます。

アルツハイマーによる大脳皮質の著しい萎縮

アルツハイマー患者の脳を調べた結果、脳全体、特に側頭葉や頭頂葉が萎縮していることが分かりました。通常、成人の脳は1,400グラム前後ですが、アルツハイマー発症後10年ぐらい過ぎている患者の脳は800から900グラム以下に減っていることも確認できています。

アルツハイマーによる老人斑、神経原繊維変化、神経細胞の脱落

顕微鏡でアルツハイマーの人の脳を詳しく観察してみると、神経細胞と神経細胞の間にシミのような老人斑が見つかります。また神経細胞の中に糸くずのような神経原線維の変化も確認できました。これらは、老人斑や神経原線維変化に伴って神経細胞が減っているためです。

アルツハイマーによる神経伝達物質の異常

アルツハイマーの発現と、神経伝達物質の異常は、なならかの関係があることがわっていると考えられています。アルツハイマー患者の脳内では、さまざまな神経伝達物質の減少が確認できています。記憶の働きに関わる神経伝達物質アセチルコリンが特に減少していることが明らかになっています。

CT・MRI(脳の画像診断で使用)では、患者の脳内に脳萎縮、脳溝脳室拡大などの形態的な異常発見することができています。脳血流シンチ(SPECT)・PETの検査では、脳血流量、ブドウ糖消費量、酸素消費量など、患者の脳の機能的な正常でないことも分かります。SPECT・PETは、CT・MRIの検査を行うことで、形態的な脳の異常出現前の早期発見が可能です。

このように、医療の著しい進化により、アルツハイマー初期症状で対処できることが多くなったのです。アルツハイマーの進行をくい止もっとも効果的なことは、初期症状に気づき、早期の治療を開始することです。

気になる方は、できるだけ早く専門医療機関で検査しましょう。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

アルツハイマー患者の脳内ではさまざまな変化が起こっています。
アルツハイマー患者の脳内で色んな変化が起こっています。医療の著しい進化により、アルツハイマー初期症状で対処できることが多くなりました。
アルツハイマーの症状の段階を知ることが重要です。
アルツハイマーの症状は進行状況に応じて4段階があります。初期症状で適切な治療を受けることが、あなたにもあなたの家族にも重要なことなのです。
アルツハイマーの原因は特定されていないのです。
アルツハイマーの原因は特定されていないため、初期症状を見逃がさず早期治療が進行を防ぐの唯一の予防方です。
アルツハイマーとは?初期症状を見過ごさないことが重要!
アルツハイマーとは?初期症状を見過ごさないことが重要!