アルツハイマーの原因は特定されていないのです。

アルツハイマーの原因は、現在のところ特定されていませんが、いくつかの説があるので解説して行きます。

もっとも有力なアルツハイマーの説は、脳内の組織にβ(ベータ)アミロイドというタンパク質が蓄積した結果、脳の神経細胞が死滅し、大脳皮質が極端に萎縮し、痴呆発症へ至るという説が現在のところ有力な説とされています。

βアミロイドは正常な人においても脳内で合成そして分泌されていまし。しかし、脳内酵素によって分解されれため脳内に蓄積しません。しかし年を取ると、加齢に伴いβアミロイドの分解速度が追いつかずに脳内に蓄積されることがアルツハイマーの原因になっていると考えられます。

他の説としては、古くなったタンパク質が細胞内にたまって凝固し、そして神経原繊維変化が原因だという説もあります。アルツハイマーになった人の脳内神経細胞を調べたところ、神経原繊維変化は多く見られます。これらが増加すると脳内の神経細胞は減少していきます。しかし、アルツハイマーでない人の脳内でも神経原繊維変化は見つかるため、直接の原因とは考えれれていません。

遺伝する家族性アルツハイマーでは、アミロイド前駆体タンパク質(APP)遺伝子、プレセニリン1、プレセニリン2という遺伝子が、その原因であることが判っています。そして、βアミロイドが脳内に神経細胞に蓄積するこtにより、アルツハイマーが発症すると考えられています。

アルツハイマー病の原因はまだ不明ですが、起こしやすくする因子は次のことが考えられています。

  1. 高齢であること
  2. 家族歴があること
  3. 過去に頭部外傷があること
  4. 血清にアポリポたんぱくE4をもっていること

このうち、アポリポたんぱくは、血中ではコレステロールを運搬するはたらきをしていますが、脳の中では神経細胞を支持する細胞から分泌されて、神経細胞の補修に携わっています。アポリポたんぱくにはE2、E3、E4の3種類があります。

遺伝子にはこれらのどれか2つがペアになっています。たとえば、E2-E2とか、E3-E4などです。このようにして、E4を1つだけもっているのは人口の20%を占め、アルツハイマー病になる危険性は2~4倍となります。E4を2つ、つまりE4-E4としてもっているのは人口の2~3%にすぎませんが、アルツハイマー病になる危険性は5~15倍になります。

また、神経伝達物質の異常、アルミニウム、活性酵素など様々な原因が考えられて、そして現在研究中です。

アルツハイマーは原因が特定されていため、私達はいつ発症してもおかしくありません。

初期症状を見逃さずないようにして、早期治療が、症状の進行を防ぐの唯一の予防方です。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

アルツハイマー患者の脳内ではさまざまな変化が起こっています。
アルツハイマー患者の脳内で色んな変化が起こっています。医療の著しい進化により、アルツハイマー初期症状で対処できることが多くなりました。
アルツハイマーの症状の段階を知ることが重要です。
アルツハイマーの症状は進行状況に応じて4段階があります。初期症状で適切な治療を受けることが、あなたにもあなたの家族にも重要なことなのです。
アルツハイマーの原因は特定されていないのです。
アルツハイマーの原因は特定されていないため、初期症状を見逃がさず早期治療が進行を防ぐの唯一の予防方です。
アルツハイマーとは?初期症状を見過ごさないことが重要!
アルツハイマーとは?初期症状を見過ごさないことが重要!