アルツハイマーの治療薬のドネペジル(アリセプト)の効果とは?

アルツハイマーの一般的な症状である不眠、易怒性、幻覚、妄想などに一定の効果がある薬(クスリ)が開発されています。これらの薬を服用することで、病気をある程度遅らせることができると期待されています。初期症状での薬(クスリ)での対処で病状の進行や深刻な事態を防ぐことが期待できるのです。

アルツハイマーは、脳内の神経伝達物質であるアセチルコリンの減少が原因の1つと考えられています。

そのため、アセチルコリンを分解する酵素を抑制し、アセチルコリンを増やす効果のあるドネペジル(製品名:アリセプト)という薬(クスリ)が、現在治療の1つとして日本では多くの患者に使用されているようです。この薬(クスリ)は脳の中のアセチルコリンの量を単に増加させるだけでなく、アルツハイマー症状の進行そのものを遅らせることができる効果が確認されています。

このように、薬(クスリ)を活用することで、アルツハイマーの進行を防ぎ、天寿のまっとうできる患者も多くなっているようです。

アルツハイマーの初期症状が出た段階で適切な治療を受け、薬の投与によって進行を食い止めることができるのです。そして、失禁や徘徊など、患者の家族にとっても介護の苦労を軽減できるというわけです。

ドネペジル(製品名:アリセプト)を開発した製薬会社のエーザイ社では、現在、新しいアルツハイマー治療剤「E2012」の開発に取り組んでいます。
このE2012は、β(ベータ)アミロイドの生成プロセスに着目した新しい治療剤で、アルツハイマーの症状の改善を目的として開発が進んでいます。

現在、世界中の医師が、アルツハイマーの原因究明のための日夜研究をしています。
将来的には必ず、アルツハイマー抜本的な治療薬ができることが望まれています。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

アルツハイマーの治療薬のドネペジル(アリセプト)の効果とは?
アルツハイマーの治療薬として、ドネペジル(製品名:アリセプト)という薬(クスリ)が、現在治療の1つとして日本では多くの患者に使用されているようです。
アルツハイマーの受診は、初期症状がでたらすぐに受けましょう!
アルツハイマーの受診は、初期症状がでたらすぐに受けましょう!アルツハイマーの治療でもっとも重要なのが、初期症状を逃さないことだからです。