アルツハイマーの受診は、初期症状がでたらすぐに受けましょう!

アルツハイマーの受診についてお話しましょう。

アルツハイマーの専門医がいるの病院の科目は、一般的には精神神経科、神経科です。しかし、病院(医療機関)によっては神経内科や、老年科などの場合もあります。または、「物忘れ外来」という専門の科目の病院もあります。

まずは、かかりつけの病院の先生がいる場合は、信頼できる専門の病院(医師)を紹介してもらうが一番よいでしょう。アルツハイマーの専門医がわからない場合には、各市町村にある高齢者総合相談センター(シルバー110番)や市役所、区役所、最寄の保健所などに問合せをして聞いてみましょう。

受診するとまず最初に行われるのは問診になります。この時、本人だけでなく家族の人も一緒に受診してください。

現在、多くの医療機関ではアルツハイマーの診断に、改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)が判断材料の一つとして通常に使用されます。
この改訂長谷川式簡易知能評価スケールは、アルツハイマーだけでなく、認知症を診断するために日本で開発され検査方法です。

この診断により、今の自分の状況を正しく認識できているのか、記憶力、計算力、失語度合いなどを短時間で測定することができます。

家族が症状に気づいても、患者本人が病院に行くことを嫌がる場合が多く、かたくなに受診をこばむ場合もあります。

しかし、アルツハイマーや認知症であった場合に何の対策もしていないと、症状の進行を進める結果になるのです。初期症状が確認できたのなら、迷わずに早急に病院へ行きましょう。

患者本人が受診をいやがる場合には、「人間ドックのつもりで、気軽に受けよう~」などと言って病院に連れて行くなどの工夫も必要かもしれません。

アルツハイマーの治療でもっとも重要なのが、初期症状を逃さないことだからです。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

アルツハイマーの治療薬のドネペジル(アリセプト)の効果とは?
アルツハイマーの治療薬として、ドネペジル(製品名:アリセプト)という薬(クスリ)が、現在治療の1つとして日本では多くの患者に使用されているようです。
アルツハイマーの受診は、初期症状がでたらすぐに受けましょう!
アルツハイマーの受診は、初期症状がでたらすぐに受けましょう!アルツハイマーの治療でもっとも重要なのが、初期症状を逃さないことだからです。