「お」の病気(病名)の最近のブログ記事

胃から先の消化管が閉塞により、胃の内容物がたまり胃が拡張した状態をいいます
咽喉頭異常感症とは、「のどに何かひっかかっている」と感じながらも、実際は何も異常がみられないものです。
ウィルソン病とは、体内の銅代謝がうまく働かないことにより、肝硬変や大脳基底核障害を引き起こす病気です。
急激にアレルギー反応が起こり、じんま疹、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などを起こします。
胃下垂症の症状は、胃下垂だけなら胃の機能は正常で、ほとんどの場合、無症状です。
アセトン血性嘔吐症とは、2~10歳くらいに多く、繰り返し起こりやすいので周期性嘔吐症ともいいます。
同じ家系内で2名以上が腎炎にかかり、しかも2世代以上にまたがる場合を遺伝性腎炎といいます。
ウイルムス腫瘍とは、子どもにできる腎臓のがんです。
横紋筋肉腫とは、横紋筋があるところならどこにでも発生する筋肉のがんです。
胃酸過多症の症状は、胸やけ、げっぷなどのいわゆる酸症状や上腹部の痛みなどがみられます。