咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)

咽喉頭異常感症とは、「のどに何かひっかかっている」と感じながらも、実際は何も異常がみられないものです。

咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)

咽喉頭異常感症とは、「のどに何かひっかかっている」と感じながらも、実際調べてみると何も異常がみられないものです。神経症のひとつで、咽喉頭異常感症は、更年期の女性に多くみられます。

咽喉頭異常感症の症状

咽喉頭異常感症の症状としては、のどに何かつまっている、圧迫感がある、何かたまっている、からから乾いている、むずむずする、しめつけられるといった感じを訴えることが多いようです。

咽喉頭異常感症の異常感は、食事などのときにはあまり感じられず、からつばを飲み込むようなときに強く感じます。本人としては異常を感じているのに、医師からは「異常はありません。」といわれるため、なkなか納得できないことが多いようです。

ただし、異常感がいつも同じ部位にあり、だんだんひどくなる場合には、他の疾患の可能性があるので、注意が必要です。

咽喉頭異常感症の原因

咽喉頭異常感症の原因は、咽頭の粘膜にごくごく軽い炎症がみられる人もいます。しかし、ほとんどの場合、実際には何もなく、心配症だったり、暗示にかかりやすい人がテレビや雑誌などを見て、またはかぜなどをきっかけにしてそう感じるようになるケースがほとんどです。精神的に負担がかかりやすい人にもみられます。

咽喉頭異常感症の検査

咽喉頭異常感症の検査については、症状のある部分を観察します。またX線や内視鏡の検査も行なわれます。精神的なストレスなどが考えられる場合は、心理テストなども行なわれます。

咽喉頭異常感症の治療

咽喉頭異常感症の治療は、実際に病変がある場合は、その治療をします。心理的に問題がある場合は、精神安定剤が処方されることもあります。

あまり神経質にならないで、おおらかな気持ちを持って生活しましょう。不眠は症状を悪化させるので、よく眠ることが大切です。

咽喉頭異常感症の予防

咽喉頭異常感症の予防は特にありませんが、のどに異常を感じたら、専門医にみてもらい、安心することです。

咽喉頭異常感症の関連記事・トピック

現在、咽喉頭異常感症に関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

胃拡張症(いかくちょうしょう)
胃拡張症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)
咽喉頭異常感症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
胃下垂症(いかすいしょう)
胃下垂症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
遺伝性腎炎(いでんせいじんえん)
遺伝性腎炎の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
胃酸過多症(いさんかたしょう)
胃酸過多症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
胃・十二指腸潰瘍(いじゅうにしちょうかいよう)
胃・十二指腸潰瘍の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
胃けいれん(いけいれん)
胃けいれんの症状、原因、検査、治療、合併症、予防