アナフィラキシーショック

急激にアレルギー反応が起こり、じんま疹、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などを起こします。

アナフィラキシーショック

アナフィラキシーとは、アレルギー反応の1型と呼ばれるもので、アレルギー性の抗体(IgE抗体)によって起こります。体内にIgE抗体がつくられると、マスト細胞や血液中の好塩基球とIgE抗体が結合し、このときに抗原が入ってくると、免疫反応(抗原抗体反応)が起こってヒスタミンをはじめとする化学伝達物質が細胞から遊離します。

アレルギー性鼻炎などの起こりかたと同様に、急激で重度の反応(平滑筋の収縮、毛細血管透過性亢進、腺分泌亢進など)が起こり、この結果、皮膚、呼吸器などを急激に侵します。

アナフィラキシーショックの症状

アナフィラキシーショックの症状としては、急激にアレルギー反応が起こり、じんま疹、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などのほか、重症の場合では呼吸困難、不整脈、血圧低下、意識障害など生命そのものにかかわるほど危険な状態になることもあります。

アナフィラキシーショックの原因

アナフィラキシーショックの原因としては、抗生物質(ペニシリン系、セフェム系、ストレプトマイシンなど)、解熱鎮痛剤(アスピリン、インドメタシンなど)、局所麻酔剤、造影剤などの薬品が、アレルギー反応の原因物質であるケースが最も多く、そのほかでは、食品(卵白、エビ、カニ、ピーナッツなど)が原因物質となることもあります。スズメバチに刺されたり、マムシにかまれたりしたときに起こることもあります。

アナフィラキシーショックの検査

アナフィラキシーショックの検査は、ショック状態におちいっているため、原因を推定して診断されます。

アナフィラキシーショックの治療

アナフィラキシーショックの治療は、アレルゲン検査などで過敏性が確認された食品や、過去の注射などで過敏反応を起こしたことがある薬物を避け、専門医により、症状と原因に応じた治療が行なわれます。

アナフィラキシーショックの予防

アナフィラキシーショックの予防は、アレルゲン検査などで過敏性が確認されたり、過去の注射などで過敏反応を起こしたことがある人は、かぜなどの軽い病気で受診する場合でも、必ず医師にそのことを伝えるようにしましょう。

アナフィラキシーショックの関連記事・トピック

現在、アナフィラキシーショックに関連する記事やトピックはありません。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Saafブックマークに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

アナフィラキシーショック
アナフィラキシーショックの症状、原因、検査、治療、合併症、予防
アセトン血性嘔吐症(あせとんけっせいおうとしょう)
アセトン血性嘔吐症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
愛情遮断性低身長(あいじょうしゃだんせいていしんちょう)
愛情遮断性低身長の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
アイゼンメンゲル症候群(あいぜんめんげるしょうこうぐん)
アイゼンメンゲル症候群の症状、原因、検査、治療、合併症、予防
RSウイルス感染症(あーるえすういるすかんせんしょう)
RSウイルス感染症の症状、原因、検査、治療、合併症、予防